クラレが2月20日、同社が開発した液状ゴム「LFR」(Liquid Farnesene Rubber)が、スタッドレスタイヤ「DUNLOP WINTER MAXX 02」に高機能化添加剤として採用されたと発表しました。

1

「LFR」は、サトウキビから得られるバイオ由来の「ファルネセン」を原料とした液状ゴムで、高い安全性と性能が求められる自動車用タイヤでの採用は初となるそうです。

同社は2011年に米国のサンフランシスコに本社を置くバイオ系ベンチャー企業「Amyris(アミリス)」との共同開発で液状ゴム(LFR)「ファルネセン」を開発。

イソプレンやブタジエンに比べてタイヤ用ゴムと反応しやすく、添加することにより、フィラー(タイヤの形態安定性を高めるためのゴムパーツ)を固定する力が強くなる特性を備えており、フィラー同士の摩擦による熱ロスを抑制、走行時に低燃費化を図ることができるそうです。

クラレは住友ゴムの最新スタッドレスタイヤ「DUNLOP WINTER MAXX 02」向けに「LFR」を専用に開発。

ゴムコンパウンドに配合することで、低温下での氷上グリップ性能を高めるとともに、経年変化によるゴムパウンドの硬化を抑制、高い氷上性能を長期間維持することに成功。

同社では今後もタイヤのみならず、多岐に渡る市場ニーズに合わせ、「LFR」の分子設計を最適化することで用途拡大を進めていくとしています。

Avanti Yasunori・画像:クラレ/ダンロップ)

【関連記事】

タイヤに新機能を搭載!レクサスとグッドイヤーがコラボ
http://clicccar.com/2016/10/06/405200/

トヨタ次期プリウスベースのコンセプトカーに「発電タイヤ」を搭載していた!
http://clicccar.com/2015/07/24/319046/

【関連リンク】

クラレ「氷上グリップ性能を向上させるバイオ系液状ゴム」
http://www.kuraray.co.jp/release/2017/170220.html

DUNLOP WINTER  MAXX 02
http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2016/sri/2016_057.html

スタッドレスタイヤのグリップ性能を変えた!クラレの液状ゴム「LFR」(http://clicccar.com/2017/02/23/447878/)