ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

写真拡大

マーベル・スタジオ最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は5月12日(金)に日本公開となるが、この度超絶カワイイのに、キレると超コワイ最終兵"木"ベビー・グルートの日本版吹き替えを遠藤憲一が務めることが明らかになった。

"ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー"を率いるのは、永遠の思春期リーダー、ピーター・クイル(クリス・プラット)。自らを"スター・ロード"と名乗るお調子者だが、刑務所で偶然出会った正義や平和とはかけ離れた仲間たちをまとめあげ、銀河の危機を救った。ピーターに悪態をつきながらも、銀河を救うために奔走してしまう"銀河一凶暴な毒舌アライグマ"ロケット(ブラッドリー・クーパー)や、"セクシーなツンデレ暗殺者"ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)、"脳筋パワーボム"ドラックス(デイヴ・バウティスタ)、そしてベビー・グルート(ヴィン・ディーゼル)。

前作で遠藤が吹替えを担当したグルートは、「私はグルート」の一言で全ての意思や感情を言い表す2メートルを超える大きな身体のキャラクターだったが、今作では25センチというキュートなミニサイズとなり、幼児のような無垢な表情を見せるベビー・グルートになっている。渋い声の代名詞のような遠藤さんの声と超絶カワイイと評判のベビー・グルートとのギャップ、そして今作ではどんな台詞が遠藤さんの声に吹替えられるのか!?と期待が高まる。

続投が決まった遠藤は「前回は一言しか台詞が無いというので、お引き受けしました。しかし、一言で全ての感情を表すということが、あんなに難しいとは! 今回は前作の大きな身体がこんなに小さく可愛らしくなったにも関わらず、続投させていただけることになり、とても嬉しいです。前作は見た目もグルートに似ていると言って下さった方が多く、他人とは思えなかったのですが、今回は可愛すぎて似ているところが見つかりませんが、最大限の可愛らしさを込めて、今回も楽しく演じたいと思います!」と語り、ベビー・グルートへの愛着と意気込みを語っている。まさに"木・ケ・ン"な"エンケン"!

キュートなのにコワイ。ダサいのにクール。笑えるのに思わず胸キュン。ギャップ満載のキャラとストーリーに、圧倒的なスケールで描かれるアクション、そして懐かしくもゴキゲンなヒット曲に彩られた、最強に笑えるアクション・アドベンチャー超大作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は5月12日(金)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)