(ネット写真)

写真拡大

 さて、世界で一番長生きした人物はだれでしょうか?・・・正解は李清雲さんです。なんと、256歳まで長生きしたのです! これは神話でもなく、作り話でもありません。

 成都大学教授・胡忠謙さんが発見した、1930年発刊のニューヨーク・タイムズ紙に「1827年、清朝政府は李清雲さんの150歳の誕生日をお祝いし、さらに1877年には、200歳の誕生日をお祝いした」との記事がありました。

 また、報道の2年前(1928年)に、李清雲さんの近所の人たちが「少年時代、祖父から李清雲さんの話を聞いて育ちましたので、よく知っていますよ。祖父が子どもの時から、すでに李さんは大人だったそうです」と話していた記録もあるといいます。

 李清雲さんは10歳から漢方を学び、甘粛省、陝西省、チベット、安南、西安、満州などの山林の中へ薬草を採取して、寿命を延ばし長生きする為の薬草を研究しました。約40年間、霊芝、クコ、オタネニンジン、ツルドクダミ、ツボクサ、米酒だけの食べ物で生き延びました。

  1749年、李清雲さんは71歳のとき、武術老師の地位で軍隊に入隊。隊内でも人気がありましたが、私生活では結婚を23回、子供を200人以上もうけました。

 李清雲さんは、一度だけ仙人のような人物に会ったことがあるとのこと。この人物は李清雲さんに気功を教えると共に、飲食についてアドバイスもしました。この人物との出会いにより、世間一般の認識を超越した境地まで長生きする事ができました。

 李清雲さんは、よく人から「長寿の秘訣はなんですか?」という質問を受け、「いつも心を穏やかに維持する事。そして、座るときは亀のように、歩くときは気力あふれる鳩のように、寝るときは犬のように」と答えました。

  李清雲さんの驚きの長寿の秘訣は、心身を穏やかに保ち、呼吸の技巧を使うことです。長い人生の中で、長寿と同じくらい魅力的なこと、それは『一生変わる事のない、穏やかな境地』かもしれません。

 現在、欧米諸国の平均寿命は80歳代前半ですが、やはり100歳を超える人は少ないようです。はたして、私たちは李清雲さんのように200歳まで、長生き出来るのでしょうか?

 長寿の秘訣である『一生変わる事のない、穏やかな境地』を心掛けながら、生活している人たちを紹介します。

 世の中には、世間の人々と違った思考を持つ人たちがいます。彼らはローンのストレスもなく、空気が汚染された街に住んでいても、運動する習慣があります。彼らのライフスタイルは、時間があるとき、大自然の中で太陽の光を浴びながら、呼吸の技巧を練習したり瞑想をしたりします。この運動によって、考え方がシンプルになり、ストレスが消え、良好な睡眠が取れる効果を得ています。

 食生活は、精製糖や小麦粉、農薬を使った食べ物、脂肉や甘いもの、遺伝子組み換え食品や抗生物質を含んだ食物を食べず、緑の野菜や草本植物をよく食べます。

 さて、自分の体を大事にして生活すると、何歳まで長生きできるでしょうか? 彼らのような規則に従った生活は寿命を延ばし、100歳まで長生きできるかもしれませんね。

(翻訳編集・林書羽)