4thシングル「ディスコ列島浮世の夢」をリリースしたFES☆TIVEに話を聞いた

写真拡大

FES☆TIVEが2月22日、4thシングル「ディスコ列島浮世の夢」をリリース。

【写真を見る】ひよちゃん、タイでまさかの!?

メンバーの坂元由奈、汐咲玲亜、青葉ひなり、桃原ひよ、鈴木ことね、鈴木みつき、白石ぴあの、真野彩里愛に、新曲について話を聞いた。

【FES☆TIVEの新曲は「妙なセクシーさ」(ひなりん)、「見えそうで見えない?」(こっとん) より続く】

■ ひなりん、フランスに行きたがる

――台湾、タイに続いて、今度はどこの国に行きたいですか?

青葉:フランス!

他の一同:シンガポール!

――では、青葉さんには少し待っていただいて、シンガポールのお話からお願いします。

坂元:シンガポールのファンの人って結構多くて、タイ遠征の時も近いから来たとかじゃなくて、普通に日本にも頻繁に来てくれている人も多くて。まだ行ってないのが、シンガポールとかマレーシアとか。

鈴木(こ):そう、この間はマレーシアの人がすごく多かったです。

青葉:私はヨーロッパに行きたい!

鈴木(こ):ヨーロッパにも行ってみたいですね。フランスは「Japan Expo」もやってるし。

坂元:ちょっとずつでもFES☆TIVEを広めていって、世界中の方に知ってもらいたいなと思います。

桃原:ブラジルまで届けたいね。

鈴木(こ):あと、アメリカ!

青葉:ニューヨーク!

一同:サンフランシスコ、行ったね。

汐咲:ニューヨークって(笑)。

――青葉さんはフランスで何をしたいですか?

青葉:フランスに行って、フランスの空気を吸いながら…まだアジアの空気しか吸ってないじゃないですか。フランスまで行くと、ライブの盛り上がり方とかもちょっと違うのかなとか。フランスは未知の世界だし、結構アイドルが好きな人が多いって聞くので行ってみたい!

――フランス語の勉強もしなきゃいけませんね。

青葉:まだ何も追いついてなくて。タイ語の本を買ったのに、勉強が全然進んでない(笑)。やばいです!

■ ひよちゃん、タイでの受難と宝物…

――今回は、青葉さんがフラフラとどこかに行ってしまったりはしませんでしたか?

一同:今回はなかったよね。

鈴木(み):前回、インドネシアだっけ?

坂元:入国審査の時にどこかに連れて行かれてしまって、どこ行った?ってずっと探してたんです。そうしたら、ヘラヘラして帰ってきて、「お茶もらって、写真撮った〜」って(笑)。

桃原:今回は大丈夫だったよね。

青葉:前回の事があったので、今回は移動とか全部、れーあちゃんとひよちゃんのしっかりしてる2人にガッチリ固められて。

鈴木(み):事件といえば、ひよちゃんじゃないの?

――捻挫した件ですね。

汐咲:理由がくだらないっていうね(笑)。

坂元:どうやったら?って思ったもん(笑)。

桃原:ベッドからの着地に失敗しました。

坂元:飛んで降りたの?

桃原:普通に降りたの。タイのバンコク病院の診察券を持ってるんですよ。それがママへのお土産です(笑)。あんまり、日本人で持ってる人いないから。

――宝物ですね。

桃原:宝物にします。

鈴木(こ):いつでもタイの病院に行ける!

■ メンバーが語る「ディスコ列島浮世の夢」の聴きどころ

――では、新曲の聴きどころを教えてください。

鈴木(こ):表題曲が今までにない曲って言ったんですけど、カップリングもバラードとか、メンバーが3:3に分かれて歌う曲もあったりして、Type A〜Cのどれを聴いても新しい私たちが見られるし、普段の私たちじゃないぶりっ子な声も聴けるので、ライブはもちろん、CDでもみんなに楽しんでもらいたいです。

汐咲:それぞれのタイプのCDに収録されている3曲が、ジャンルの違う楽曲になっているので、どれを聴いていただいても聴き応えのあるシングルになっています。ぜひ、楽しみにしていただけたらなと思います。

坂元:表題曲はお祭り感を前面に出してるんですけど、カップリングでの女の子らしさや、ものすごい格好いいちょっとロック系な部分もまた違うFES☆TIVEなので、今回のシングルはどれを買っても新しいFES☆TIVEが、さらに新しいFES☆TIVEに見えるので、ぜひ手に取ってもらって、聴いてもらって、ライブで生で聴いてくれたら嬉しいなって思います。

鈴木(み):どれもバラエティー豊かだから聴いてて楽しいと思うし、3:3に分かれてる曲もあるので、それぞれ個人個人の声をより聴けます。「この子の歌声はこんな感じ」っていうのを聴いてもらえたりするのかなって思うので、そこも注目してもらえたら嬉しいです。

桃原:毎回シングルを出すたびに「いつもと違うFES☆TIVE」って言ってるけど、今回が本当に違うFES☆TIVEを見られるCDだと思っています。曲調も雰囲気も全部違うし、アルバムでもないけど、その3パターンでいろんなタイプの楽曲がいっぱい入ってるし。あと、メンバーが多いから普段はソロのパートがあんまりなかったりするけど、3:3で分かれてる曲だとメンバーの声がちゃんと聴けるのは魅力だなと思います。

鈴木(こ):あと、ジャケットが3枚つなげると1枚の絵になるので、ぜひ3枚つなげてみてほしいなと思います!

青葉:今回、みんなが言ったように今までと本当に違って。FES☆TIVEの曲がめっちゃ好きだったってわけじゃない人が「この曲めっちゃ好き」って言って、結構ハマってくれたりして。「ディスコ列島浮世の夢」がすごい良くて、ちょっとFES☆TIVEを好きになりそうみたいな人もいるから、今回の曲で新しいファンが付いたらいいなと思います。

今までの楽曲って1人1人のパートがあんまり多くないから、歌唱力が問われる曲がで少なかったと思うんですけど、今回の曲は音が結構高かったりとか、伸ばすところが多かったりとかで、多分1人1人の歌唱力も問われる感じで、ちょっとレコーディングが難しかったです。今回のシングルは、本格的なボイストレーニングを始めてから初のシングルになるんですけど、自分も聴いててみんなの歌唱力が上がってるなと思ったので、成長したFES☆TIVEの曲を聴いてほしいなと思います。

坂元:今回の「ディスコ列島浮世の夢」は、私たちが歌う前にMVが出来上がっているっていう初めてのパターンなので、私たちが歌う前にファンのみんなが曲を知ってるっていう違和感もあったんですけど。それで「振り覚えたよ」とか言われたのもあるし、「こういう歌で、どういう振り付けをしてくるんだろう?」ってっていう楽しみもみんなに持ってもらって、実際に生で見て「おぉ!」みたいに感激してほしい。

鈴木(こ):MVとライブで見た時のイメージがまた変わってくるからね。

坂元:MVはFES☆TIVE、出てないので。

鈴木(こ):そう。だから、すごい変わるよね。

青葉:自分もライブで見たことがない他のアイドルさんの曲を聴いてて、勝手に自分の頭の中でこんなダンスかなとか、こういう感じなのかなって何となく想像してて、ライブを見ると全然違ったりするので、多分ファンの人も今何か想像してるんじゃないかなって思います。