工作員の「暗殺武器」に新たな進化

写真拡大

 2月13日に起こった金正男の暗殺。事件が起きたクアラルンプール空港の監視カメラ映像を実際に見たという公安関係者が明かす。

「一人の女が彼の後ろから近づき、顔に布をかぶせて、走って逃げたところがはっきり映っていた。女は手が他のものに触れないようにしていたようだった。北朝鮮の工作員は暗殺を行なう場合、通常ならもっと人目に付かないように行なう。今回はわざと映像に残るようにしたのではないか。金正恩体制に楯突こうとする者に恐怖心を植えつけるためだ」

 現地警察の説明では、別の女が顔に毒物とみられるスプレーを吹きかけたあとに、映像に残る女が近づき毒物を含ませた布で顔を覆ったとされている。猛毒に金正男は泡を吹き倒れたという。

 北朝鮮の暗殺といえば、スタンダードな拳銃や、ふたを押すと毒針が発射されるボールペン型毒針などが知られてきた。

 そんななか2012年、北朝鮮の工作員がソウル市内の路上で失敗に終わった暗殺計画にからみ、米CNNの記者が捜査当局者から3種類の暗殺用の道具を見せられたことで、新たな進化が発見された。

 一つは欧米の高級ブランド製ボールペンのような「ペン型の毒針」、先端から毒が入った弾丸を発射できる「ペン型の銃」、そして3発の弾丸を装填できる「懐中電灯型の銃」の3種だった。捜査当局者が、弾丸を発射する道具を試射したところ、「非常に正確だった」という。

 2011年8月には、中国・丹東で脱北者を支援していた牧師が、ブロム化ネオスチグミン中毒という症状で死亡し、「毒針で暗殺されたのではないか」と推測された。牧師はタクシーを待っていたところ突然倒れ、亡くなったという。

 北朝鮮にとっては、今回のように“目に見える暗殺”のほうが稀なのだ。

※週刊ポスト2017年3月3日号