10秒で濃密泡洗顔を叶えるダイソーの「ほいっぷるん」が万能すぎる

写真拡大

スキンケアの基本である洗顔。CMで見るような濃密泡で顔を洗えたら……と思ったことはありませんか? そんな時にオススメなのが、洗顔時にワンランク上の濃密泡が簡単に作れると評判の「ほいっぷるん」。

今回は、ダイソーで販売開始以降、売り切れが続出しているという、ほいっぷるんの実力を確かめてみたいと思います!

■ほいっぷるんの使い方はとっても簡単!


1 )まず、穴のたくさん空いた泡立て面に洗顔料を付け、容器には下から3mmほどまで水を入れます。水の量によって泡の硬さが変わるので、入れ過ぎに注意しましょう。
2 )泡立て面を下にして容器にセット。蓋を軽く抑えながら、スティックを上下にシャカシャカと動かせば……
濃密泡のできあがり! たった10秒ほどでかなりの泡の量になりました! 実際に使ってみると、「本当にいつもと同じ洗顔料!?」と思ってしまうほどのモチモチな質感。肌に触れる感触がとても気持ち良いです。

■小さくなった固形石鹸でも泡立つの?


使う度にだんだん小さくなる固形石鹸。泡立ちにくかったりして、使い切らずに捨ててしまうことがありますよね。そこで、ほいっぷるんで小さくなった固形石鹸も泡立つのか試してみました。

泡立て面に固形石鹸をこすりつけ、基本の使い方と同様に泡立てます。

結果がこちら。石鹸をかなりしっかりとこすりつけないと、少し泡立ちにくいという印象。泡のキメも洗顔フォームより荒いですが、最後まで固形石鹸を使いきれるという点では、ほいっぷるんが役立ちそうです。

■ボディソープでも泡立つの?


せっかくなら、洗顔フォームでできたような濃密泡で体まで包まれたい! これも試してみました。

容器にボディソープと水を入れて泡立てます。

なんと、ボディソープもしっかり泡立ちました! 洗顔フォームと同じく、10秒ほどで容器がもこもこの泡でいっぱいに。ただ、1回で作れる泡の量が手のひら分ほどなので、体を洗うだけの泡を作るのは根気が入ります……。

■番外編! 調理器具としても使えるの?


このほいっぷるんの実力、もしかして食品にも生かせるのでは……! そこで今回は、泡立てるのが面倒な食材の代表格、卵白をほいっぷるんで泡立てられるか挑戦してみたいと思います!

ほいっぷるんの容器に卵白を入れゆっくりと泡立てます。最初から勢いよく振ると中から卵白が飛び出てくる可能性があるので要注意!
そして5分間泡立てた結果がこちら。驚くほどふわふわの、角が立ったメレンゲの完成です! 泡だて器で混ぜるより、力も時間もかかりませんでした。キッチンの便利グッズとしても使えてしまうまさかの大発見です!!
実際にほいっぷるんでできたメレンゲで、ふわふわのスフレオムレツを作りました。きちんと泡立てられているので、口の中でとろけます。

このように評判以上の実力を持っていた、ほいっぷるん。毎日の洗顔の泡立てが面倒に感じている人も、簡単に濃密泡が泡立てられるほいっぷるんを使えば、手放せなくなるはずですよ! ぜひお試しあれ。

(吉田リオカ+ヒャクマンボルト)