付き合う最後のチャンスかも?卒業前告白の効果的なシチュエーション

写真拡大



こんにちは、恋愛デトックスカウンセラーの下村さきです。2月も終わりに近づき、そろそろ卒業の時期を迎えていますね。同じ学校に好きな人がいる人、バイト先に好きな人がいて卒業後は会えなくなる人たちにとっては、大好きな彼と離れ離れになるまでカウントダウンが始まったのではないでしょうか。最後に告白したい!そう考えている女子のために、卒業前告白の効果的なシチュエーションをまとめてみました。

■1.『卒業旅行』で告白

「サークルの同期に卒業旅行で告白された。仲は良かったけどそんなに意識したことなかった女の子なのに、『断ったら、これで最後なんだ』と思ったら後悔しそうな気がして…OKしました」(20代/男性/IT)

仲良しメンバーの中に好きな人がいるのなら使えるのが、『最後』を意識させることのできるシチュエーションで告白すること。人は『最後』と言われると、普段よりもより真剣に状況を判断しようとするものです。ある程度の関係が築けているのなら、思い切って卒業旅行で告白してみましょう!周囲があなたの気持ちを知っているのなら、力を貸してもらいやすいのでオススメです。

■2.『卒業式直前』に告白

「卒業式前に後輩から告白された。式の最中、これまでの学生生活を振り返りつつ、その子との思い出も思い出しちゃいました。結局、俺から改めて告白して付き合うことに」(20代/男性/ホテル)

卒業式の後ではなく、あえて直前がオススメ。式の前に告白すると、1時間〜2時間ほどある式の時間中、彼はずっとあなたのことを考えてしまうはず。「もっと早く言うつもりだったのに、卒業式になっちゃった!もう時間ないかも…」と諦める前に、卒業式前の彼をなんとか捕まえて告白してしまいましょう。

■3.『わざわざ会いに行って』告白

「卒業式の日は4年生以外学校に行く必要がないんだけど、その日を狙って好きだった先輩に告白しに行きました。既に「これが最後だね」的なお別れ会はし終わってたから私の顔見てビックリしてたけど、だからこそ喜んでくれました」(20代/女性/学生)

思いがけないタイミングで知り合いの異性に会うとドキッとしてしまうことはありませんか?そんな効果を利用して、彼が「まさか会うなんて!」と思うシチュエーションを作り出して告白してしまいましょう。「まさか!」のドキドキに重なって、思わず彼もOKしちゃうかも?

■4.『最後の飲み会の終わり際』に伝える

「クリスマス前に彼女と別れた俺と同時期に彼氏と別れたバ、イト先が一緒の彼女。それから仲良くなったけど、もうバイトも終わりだし付き合うこともないよなと思ってたら、送別会の終わり頃にLINEで告白された。地方行く可能性もある仕事だったけど、告白されたら断るなんて無理で、今も続いてます」(20代/メーカー)

なかなか踏み出すこともできなかった関係の彼には、『お酒』と『夜』の力を借りて告白しちゃいましょう。盛り上がって、そのあとふたりっきりの二次会に誘われちゃうかも?ただし、酔いの勢いにすべてを任せてしまわないよう要注意!友達以上恋人未満で「たぶん両思いなんだろうな…」と思えるくらいの関係の彼限定で使ってくださいね。

■おわりに

好きな人と離れ離れになると考えると切ないですよね。学校やバイト先で当たり前に顔を合わせられる生活はあと少し!後悔したくないのなら、卒業前告白頑張ってくださいね。(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)