iOS10のバージョン別シェアが79%に達したことがわかりました。Appleが現地時間2月20日時点での数字を、開発者向けサポートページで公開しています。

1ヵ月半で3%上昇

最新のバージョン別シェアによると、iOS10のシェアは79%となっており、前回の調査の1月4日から、約1カ月半で3%上昇したことになります。その前の11月27日時点でのiOS10のシェアは63%でした。
 
ほかのバージョンのシェアを見ると、iOS9は16%、それ以前のバージョンは5%となっています。

Nougatのシェアはわずか1.2%

これに対しGoogleが2月6日に公開したAndroid OSのバージョン別シェアを見ると、最新OSであるAndroid Nougatのシェアはわずか1.2%です。iOS10は昨年9月13日、Android Nougatは8月22日に正式リリースされています。
 
普及に差が生じる最大の理由は、iOSのアップデートはAppleがすべてのiOS端末に対し一斉に行なうことができるのに対し、Androidの場合はアップデートに際し、端末メーカーや通信キャリアなどの承認が必要になるためです。

最新版の普及が難しいAndroid OS

主要アップデートの場合はリリース後2年以内に行なうという話し合いがベンダーやキャリアなど関係者間で持たれているものの、実際には搭載OSのバージョンを気にせず端末を販売しているベンダーが多数を占めているのが現状です。
 
その結果、最新3バージョン(Nougat、Marshmallow、Lollipop。最新といってもLollipopがリリースされたのは2014年)を合わせても、Google Play Soreアプリを実装するAndroid端末におけるシェアは、3分の1以下となっています。
 
Android OSシェア
 
 
Source:iDownloadBlog,Apple
(lunatic)