写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●コンパクトSUVは日本が生みの親
昨年12月に発売されたトヨタ自動車「C-HR」が今年1月の新車販売台数ランキングで第4位に入るなど、コンパクトなSUVが人気だ。多くのユーザーが注目するようになった理由はどこにあるのか。メーカーにメリットはあるのか。代表車種を例に挙げながら紹介していこう。

○RAV4がパイオニア

コンパクトSUVの歴史を作ったのは日本だ。具体的には1994年に発表されたトヨタ「RAV4」がパイオニアである。

それまで多くのSUVは、オフロード走行を念頭に置き、頑丈なラダーフレームに粘り強さが身上の商用車用エンジンを積むという成り立ちが多かった。ところがRAV4は、同クラスの前輪駆動セダンのプラットフォームやパワートレインを用いていた。

おかげでモダンかつスポーティなデザインや、舗装路での洗練された走りをものにすることができた。悪路走破性は、たとえば同じトヨタの「ランドクルーザー」と比べれば見劣りしたけれど、それを欠点に数える人はわずかだった。ファッショナブルなデザインとスポーティな走りが楽しいと評価したユーザーが多かったのだ。

その後は本田技研工業「CR-V」や富士重工業(スバル)「フォレスター」、日産自動車「エクストレイル」など、ライバルが続々と登場するものの、当時の多くの日本人は、「悪路や雪道を走らないからいらない」と見向きもしなかった。ところが21世紀になると、欧州でこれらコンパクトSUVの人気が少しずつ盛り上がっていった。

○欧州で新たな魅力が発見されたSUV

当時の欧州では、環境問題が深刻になったことを受けて、以前ほどハイスピードでかっ飛ばすことが少なくなっていた。となると、SUVのように背が高いクルマでも、空気抵抗や走行安定性などのデメリットが出にくい。

むしろシートが高めなので乗り降りしやすく、目線が高いので運転しやすいなど、メリットが多かった。しかもデザインは、セダンやハッチバックよりフレッシュで遊び心にあふれていた。

SUVを悪路走破用という機能で考えていた日本人に対して、欧州人はファッショナブルで使いやすい新種として評価したのだ。そこに登場したのが日産「デュアリス(欧州名キャシュカイ)」、そして「ジューク」だった。

●現在のブームを作った日産の2台
○続々と登場した日本メーカーのSUV

すでに日産はルノーとアライアンスを組んでおり、他の日本のメーカーより欧州事情に明かるかった。現地で根強い人気を得ている欧州メーカーのハッチバックに対抗するため、日産は経験の長いSUVという新しい魅力で勝負すべきだと決断。こうして2007年にデュアリス、2010年にジュークが生まれ、いずれも大ヒットに結び付けた。

この頃には日本でも、オフロードを走らないからSUVはいらないという意見は少数派になり、ファッショナブルなデザインに惹かれて選ぶ人が多くなりつつあった。それに対応して日産以外のメーカーも動き出した。

スバルは2012年に「インプレッサ」をベースとして車高を高め、アウトドアファッションをまとった「XV」を送り出し、マツダは同年、スカイアクティブ・テクノロジーと魂動(こどう)デザインという新しい思想を取り入れた「CX-5」を発表している。

翌年にはホンダが、フィットのプラットフォームやパワートレインを用いた「ヴェゼル」を発売。ヴェゼルはこのクラスのSUVとしては初のハイブリッド車を用意し、ジュークに匹敵する大胆なデザインを取り入れたことなどが受けて、2014年から2016年まで、国内SUV新車登録台数でナンバーワンの座を維持し続けている。

その後も2015年にはマツダ「CX-3」、そして昨年末には、RAV4以来沈黙を守っていたトヨタがC-HRを送り出すなど、もっとも活気のあるカテゴリーのひとつになっている。

●メーカーにとってもおいしいSUV
○ベース車両によって異なる分類

ここまでコンパクトSUVをまとめて紹介してきたけれど、厳密には2つのクラスに分けられる。ベースとなるハッチバックの車格を考えれば理解できるかもしれない。

コンパクトカーの「フィット」や「マーチ」、「デミオ」とメカニズムを共用するヴェゼル、ジューク、CX-3が真のコンパクトSUVと言えるのに対し、ひとまわり大きな「プリウス」やインプレッサをベースとしたC-HRやXVはひとクラス上という位置付けになる。

ちなみに欧州では、前者がBセグメント、後者がCセグメントと呼ばれ、はっきり分けられている。日本に輸入されている車種で言えば、BセグメントSUVはルノー「キャプチャー」やプジョー「2008」、CセグメントSUVはフォルクスワーゲン「ティグアン」やミニ「クロスオーバー」などがある。

SUVの生まれ故郷である米国にもコンパクトSUVはある。そのうち、日本に輸入されている車種としてはジープ「レネゲード」がある。このクルマ、ジープブランドを擁するクライスラーとフィアットが合併し、FCAとなったことで生まれたモデルで、プラットフォームやパワートレインはフィアット「500X」と共通であり、生産も同じイタリアの工場で行われる。

○メーカーにも旨味のあるクルマ

欧州でも日本でも、多くのユーザーから支持を受けているコンパクトSUVは、実はメーカーにとっても旨味がある。ベースとなるハッチバックと比べるとデザインは凝っていて、室内は広く、4WDも選べるなど、付加価値でアピールすることができる分、高めの価格で売ることが許されるのだ。

たとえばホンダのフィットとヴェゼルのハイブリッド車で比べると、パワーユニットは1.5Lエンジン+モーターで共通なのに、フィットは169万円から、ヴェゼルは227万円からと大差がある。輸入車でも、最近発売されたフォルクスワーゲンのティグアンは360万円からと、同じ1.4Lターボエンジンを積む「ゴルフ」の328.9万円を上回る。

それでも多くのユーザーがコンパクトSUVを選んでいるのだから、ウィン・ウィンの関係と言っていいだろう。今後もしばらくは人気が続きそうだ。

(森口将之)