モギザンとリンちゃんを演じた中野裕太とジエン・マンシュー (C)"Mamadame" production committee

写真拡大

 国際結婚した日本男子と台湾女子の実話を、中野裕太と台湾の女優ジエン・マンシューのダブル主演で映画化した「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」が、初夏に公開されることが決定した。

 映画は、Facebookで出会った台湾に暮らす“リンちゃん”と日本人男性“モギサン”の遠距離恋愛や結婚生活を綴り、32万人以上のファンを持つ2人のFacebookページを書籍化した「ママは日本へ嫁に言っちゃダメと言うけれど。」を原作に製作。2人の出会いから結婚までをあたたかなタッチで描く。

 日本を襲った東日本大震災で世界中が騒然としているさなか、日本のドラマやアニメが大好きで、大学でも日本語を専攻する台湾在住のリンのFacebookに1通のメッセージが届く。それは、復興支援をしてくれた台湾の人々に興味を抱いた日本人の青年モギからだった。2人はFacebook上で互いの国のことや日常を話しはじめ、モギは休暇を利用してリンに会うため台湾へ向かう。初めて顔を合わせた2人は距離を縮め、モギが帰国してからは他愛もない会話がオンラインデートになり、ついに互いの気持ちが海を越える。

 中野は、リンを大切にする控えめな男性・モギを自然体で演じ、ジエンは、表情豊かで活発、常に大胆なリンを魅力的に体現。中野が出演した2016年放送のドラマ「拝啓、民泊様」で原作兼監督を務めた谷内田彰久がメガホンをとる。

 「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」は、初夏に東京・新宿シネマカリテほかで順次公開。