所ジョージ

写真拡大

22日放送の「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」(日本テレビ系)で、かつてスーパー園児として同番組に出演していた、工藤詠世(くどう・えいせい)さんが登場した。

番組では「16年たったらこうなりましたの旅」のコーナーで、16年前に出演した詠世さんに会うため、番組スタッフが宮城県仙台市を訪れた。

2001年放送の「日本列島 幼稚園の旅」で、当時6歳だった詠世さんは、幼稚園児ながらドラムを叩くことができ、父親の結成しているアマチュアバンドで演奏していた。その後、詠世さんは小学校時代もドラム一筋で、中学生になるとプロの目に止まり、SEGAの公式バンドである「H.」に加入したのだという。

また、8歳年下の弟・工藤世丞(くどう・せいしょう)さんもドラムをやっており、詠世さんが12歳、世丞さんが4歳のころから「EISEI+SEISYO」としてツイン・ドラム・ユニットを結成し、地元でパフォーマンスを披露しているのだとか。

現在、詠世さんは大学4年生、世丞さんは中学2年生だという。そんなふたりは、音楽業界から注目されている存在だそうで、一流メーカーから楽器の提供も受けているのだとか。

そして、ふたりはスタジオにも登場し、ドラムやギター演奏を披露すると、司会の所ジョージをはじめ出演者や観覧客から大きな拍手が起きていた。演奏後、詠世さんは大学卒業後の進路について、ゲームのサウンドデザイナーになることが決まっているのだと明かしていた。

【工藤詠世さんがドラミングを披露する動画】


【関連記事】
「あっぱれさんま大先生」に出演した人気子役の現在
元女子プロ・ブル中野の現在…15歳年下と結婚しガールズバーのママに転身
「笑ってコラえて」に出演した幼稚園児が14年後にプロ競輪選手に成長