約5か月ぶりの復帰を果たしたDF奈良竜樹

写真拡大

[2.22 ACLグループリーグ第1節 川崎F1-1水原三星 等々力]

 悲運のシーズンからカムバックを果たした。昨季、2度の左脛骨骨折に見舞われた川崎フロンターレのDF奈良竜樹が1-1の後半27分から途中出場。3バックの左ストッパーに入り、公式戦復帰を果たした。

「慣れたポジションではないけど、しっかり準備してきたつもり。一歩を踏み出した喜びを感じるし、また等々力でサッカーができたのは幸せなこと」

 昨年5月14日のJ1神戸戦で左脛骨を骨折。リオデジャネイロ五輪出場の夢を絶たれると、昨年9月22日の天皇杯3回戦・千葉戦で復帰したが、10月7日の練習中に再び同じ箇所を骨折した。

 約5か月ぶりの復帰戦となった今季公式戦初戦は1-1のドロー。「僕は守備の選手で、やらないといけないのは守備だけど、僕を使ったのは攻撃につなげたい意図だったと思うし、そこは僕が入ってからも劇的には変わっていない」。守備では出場後、無失点に抑えたが、チームとして勝ち越せなかったことを悔やんだ。

「しっかり先発を勝ち取って、スタメンで出れるように準備したい」。長期離脱から復帰し、次に目指すは先発奪回。23歳のセンターバックが完全復活へリスタートを切った。

(取材・文 西山紘平)


●ACL2017特設ページ