小嶋陽菜AKB48ラストコンサート「こじまつり〜小嶋陽菜感謝祭〜」より。前田敦子とともに満面の笑みを/(c)AKS

写真拡大

AKB48小嶋陽菜の卒業前ラストコンサート「こじまつり」の2日目公演「こじまつり〜小嶋陽菜感謝祭〜」が、2月22日に東京・国立代々木競技場第一体育館にて行われた。

【写真を見る】露出度でも目立っていた(!?)小嶋陽菜。他メンバーより極端に短いショートパンツで美脚を披露/(c)AKS

オープニング1曲目の「スカート、ひらり」では、小嶋とともに前田敦子、板野友美、篠田麻里子、高橋みなみ、大島優子、渡辺麻友が登場(※渡辺以外はAKB48卒業生)。かつて“神7(かみセブン)”と言われたメンバーの集結に、会場は一気にヒートアップする。

しかし、歌い終わると小嶋は一礼して「今日は本当にありがとうございました〜!」と発して、卒業生とともに立ち去ろうと。慌てて横山由依(AKB48総監督)がステージに登場して「ちょっと、1曲だけで卒業コンサートを終わらすんですか!」とツッコミを入れるという“寸劇”も繰り広げられた。

その後は、「前夜祭でやりつくしたけど、まだやりたいことがある」と切り出し、小嶋本人考案のセットリストや演出による“卒コン”がスタートした。

チーム8のメンバーとは「47の素敵な街へ」、16期研究生とは「言い訳Maybe」をともに歌い上げ、若手メンバーと共演。また、ポールダンスを取り入れたセクシーなダンスパフォーマンスによる「誕生日TANGO」、メンバーそれぞれがカラフルなウィッグや衣装を付けた「Baby!Baby!Baby!」など“こじはるワールド”満開のステージが展開される。

終盤には、卒業生たちが再びステージに登場する。女性同士の恋愛をテーマにした「禁じられた2人」ではデュエット相手の大島優子からキスを要求される場面も。また「恋のPLAN」では同期(1期生)の浦野一美、大江朝美、川崎希、駒谷仁美、戸島花、星野みちるらがサプライズで登場した。その後も、板野友美や篠田麻里子らと「1994年の雷鳴」、高橋みなみを含めno3b(ノースリーブス)として「純愛のクレッシェンド」、前田敦子と「桜の木になろう」を歌唱。

アンコールのMCでは、純白のドレスを身にまとった小嶋が「いつでも卒業できる…そう思っていたのに、いざとなるとなかなかできなくて。(卒業した同期の)皆の背中を見ながら、どうして私は卒業しないんだろう?と思っていました。でも、その理由が分かりました。私はAKB48が大好きだからです!」と、涙ながらに挨拶。

そしてラスト曲「ハート型ウイルス」で、小嶋は気球とともにステージから飛び立ち、そして会場外に移動。用意されていたリムジンに乗り込み、「今からミラノに行ってくる。AKB48をよろしくね。バイバイ!」と言い、姿を消してしまった。

コンサートの“主役”が突然いなくなり、あ然とするメンバーたちだが、最後は観客とともに「エイケイビー、フィーティエイト!」と掛け声を上げ、小嶋卒業後もAKB48を盛り上げていくことを誓い合っていた。