新キービジュアル完成! (C)2016 佐島 勤/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/劇場版魔法科高校製作委員会

写真拡大

 人気テレビアニメ「魔法科高校の劣等生」をオリジナルストーリーで映画化する「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」の公開日が6月17日に決まり、原作イラスト・キャラクターデザインの石田可奈が手がけた新キービジュアルが披露された。

 アニメ「魔法科高校の劣等生」は、佐島勤氏の人気ライトノベルを原作に、“魔法科高校”こと国立魔法大学付属第一高校に通う司波達也・深雪兄妹と仲間たちの波乱に満ちた学生生活を描く。佐島氏が書き下ろしたオリジナルストーリーが展開される今作は、春休みを利用して小笠原諸島の別荘にやってきた司波兄妹らが、海軍基地から脱走してきた少女・九亜(ここあ)に出会い、ある願いを告げられる。

 第1弾劇場前売り券は2月18日発売で、特典として本キービジュアルを用いたB2ポスターが付属予定。さらに劇場公開に先がけて、5月24日からテレビシリーズ全26話を収録したブルーレイセット「魔法科高校の劣等生 Blu-ray Disc BOX」、6月7日からキャラクターソングCD「魔法科高校の劣等生 ソングブック」が発売される。ブルーレイは価格が2万8000円(税抜き)で、限定特典として特製ブックレットとキャラデザ・石田の書き下ろしビジュアルを用いた三方背ボックスが付属。CDは価格が3000円(税抜き)で、初回仕様限定盤には三方背ケースが特典としてついてくる。