オランダ・アムステルダムで栽培されている大麻の鉢植え(2017年2月21日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】オランダの下院議会は21日、大麻の栽培と販売を、政府の管理下で行われる限り全面的に合法化する法案を可決した。同国公共放送のNOSによると、同法案は定数150の下院議会で、賛成77票、反対72票の僅差で可決されたという。

 オランダは1976年、5グラム未満の大麻の販売を非犯罪化し、また個人での使用が目的であれば5株までの栽培を法律で認めている。

 だがこれまでのところ、大麻の大規模な栽培および販売は禁止されており、結果として「コーヒーショップ」と呼ばれる600ほどの許可店舗も、需要に応じるために犯罪者らから仕入れなければならない状況に陥っている。

 今後、同法案は上院へと送られるが、下院で反対に回った勢力が上院では多数派を占めており、法案の成立は困難とみられている。

 この法案を提出した民主66(D66)党のフェラ・ベルカンプ(Vera Bergkamp)議員は、政府の規制下にあれば大麻の栽培および販売はよりよい形で管理されるようになると主張。もし法案の成立が実現すれば、政府の管理下に置かれた「閉ざされたシステム」内において、コーヒーショップのオーナーらは認可を受けた栽培者から大麻を仕入れることができるようになるとしている。
【翻訳編集】AFPBB News