価格や発売日は未定ですが、すべてCP+で展示されます。

2月21日、シグマはフルサイズ対応の超広角単焦点レンズ「SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art」、フルサイズ対応の大口径望遠レンズ「SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art」、フルサイズ対応の超望遠ズームレンズ「SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary」、大口径標準ズームレンズ「SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art」を発表しました。

いずれもキヤノン用、シグマ用、ニコン用を用意。また、マウントコンバーターMC-11に対応しているため、シグマSA用交換レンズ及び、キヤノン用交換レンズをソニーEマウントボディで使用できるので、ソニーEマウントでも使えます。


超広角単焦点レンズ「SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art」


20170222_sigma24.jpg

世界初のF1.8を実現したフルサイズ対応の14mm超広角レンズです。

フルサイズ対応のシグマレンズの中でも、最も広角(魚眼レンズを覗いて)。他のメーカーでは14mmの大口径レンズはこれまでF2.8が最も明るく、解放F1.8を実現したのはこのレンズが世界初とのこと。「超広角ハイスピードレンズ」を求めていたユーザーにとって待望の1本ですね。

速いシャッタースピードが必要なシーンはもちろん、蛍の群れの撮影などボケと光跡をコントロールしたいシーンにおいて、F1.8のありがたさを感じるでしょう。またフルサイズで超広角な画角は、風景写真から建物の内観写真など、周りの情景を映しこんだボケを得ながら迫力ある撮影を可能にします。
重量は1,170g、レンズ構成は11群16枚で、3枚にFLDガラス、4枚にSLDガラスを採用しています。

大口径望遠レンズ「SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art」

20170222_sigma135.jpg

シグマの単焦点Artラインに初めて登場した望遠レンズで、ポートレートやブライダルフォト撮影に必要なすべての要素を備えています。

レンズ構成はSLDガラス2枚、FLDガラス2枚を含む含む10群13枚。ポートレート撮影など、ピントの合った位置からの前後のボケや、細かい枝などに発生しやすい色収差を抑え、絞り開放から画面全域にわたりクリアで解像力の高い描写を実現、5,000万画素以上のデジタル一眼レフカメラに対応する高い解像力を達成したそうです。また、大型HSM(Hyper-Sonic Motor)を搭載したことで、低速での安定した動作が可能になったとのこと。重量は1,130g。


フルサイズ対応の超望遠ズームレンズ「SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary」


20170222_sigma100200.jpg

ライト・バズーカとシグマは表現する、小型軽量とコストパフォーマンスを追求した望遠ズームレンズです。

重さ1,160gと、超望遠ズームレンズとしては小型軽量を実現。加速度センサーを利用した手振れ補正OS機構、高速なオートフォーカスを実現した超音波モーターHSM、フォーカスリミッターなどを搭載。最短撮影距離160cm、最大倍率1:3.8を実現し、離れた場所からのクローズアップ撮影にも使える望遠マクロとしても使えます。レンズ構成はSLDガラス4枚を含む15群21枚。光学性能とコンパクトさを両立させたContemporaryラインに属します。


大口径標準ズームレンズ「SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art 」


20170222_sigma24701.jpg

24-70mm F2.8という、使い勝手のよいスペックのレンズも新たに登場、シグマに言わせれば「大口径標準ズームの決定版」です。

高速オートフォーカスを実現した超音波モーターHSM、手ブレ補正OS機構、マウント部のゴムのシーリングによる簡易防塵防滴性能を備え、ボケの描写にもこだわっているそう。フルタイムマニュアルにも対応、高速連写でのAE安定性向上のため、ニコン用も電磁絞りを採用しています。

***

シグマ独自のFoveonセンサーを搭載する「SIGMA sd Quattro」ユーザーはもちろん、ニコン、キヤノンユーザーにとっても気になるレンズだらけ。2月23日(木)から2月26日(日)までパシフィコ横浜で開催されるCP+(シーピープラス)2017のシグマブースでこれらのレンズを参考出展しているので、要チェック!


・シグマ「sd Quattro」はズシーンとくる


image: シグマ
source: シグマ 1, 2, 3, 4

(mayumine)