“ピクルス”という男、マクドナルドで下半身を露出させる(出典:http://klewtv.com)

写真拡大

「名は体を表す」。これは是非とも良い意味で使われたいものである。米テキサス州でこのほど38歳の男が公然わいせつ罪で逮捕されたが、メディアはこぞって“なんとピクルスという名前だそうですよ”と伝えている。「いたずらっ子」という意味もある言葉だが、彼の場合は…。

事件はテキサス州のオースティンで15日に起きた。公然わいせつ罪で逮捕されたのはアレクシス・ピクルスという38歳の男。午前10時30分ごろ、「マクドナルド」バーネットロード店にてズボンを足首まで下ろし、局部を露出させて店内をうろついた。

客らに強い不快感を与えたとして通報され、店の外に出たピクルスは水たまり部分の泥で滑って転倒。駆け付けた警察官に対してひどく暴れたことからテイザー銃やトウガラシスプレーが必要な状況で、顔に肘鉄を食らった警察官は口を切り歯が折れたとのこと。これは業務執行妨害どころか第3級暴行の重罪とみなされ、保釈保証金も27,000ドルと高額に設定された。ピクルスの身柄は現在トラヴィス郡拘置所にあるという。

常識を逸脱した公然わいせつ事件が多いアメリカ。カリフォルニア州オレンジ郡では10歳、11歳の少女に対する性的暴行未遂の容疑で96歳の男が逮捕された。尿漏れがあるのか大人用オムツを脱いでの犯行で、有罪となれば最高60年の実刑判決を言い渡される可能性があるという。

一般人ばかりか警察官が不祥事を起こすこともある。ニュージャージー州では37歳の警察官が逮捕された。取り締まりと称して車を呼び止め、好みの若い男性ドライバーに遭遇すると下半身を見せて相手の反応を楽しんでいた。妻と2人の子がいるため署内では“ストレート”で通っていたという。

出典:http://klewtv.com
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)