コーヒーの木には赤い「コーヒ−チェリー」という果実が実り、その中の種が「コーヒー豆」と呼ばれています。一般的にコーヒーを作るにはコーヒー豆だけを使うのですが、コーヒ−チェリーまでまるごとブレンドしたというダイドーの缶コーヒー「うまみブレンド」が新しくなりました。「コク豊か、ほのかにフルーティーな『コーヒー本来のうまみ』」という缶コーヒーは一体どんな味わいなのか、実際に飲んでみました。

新・うまみブレンド登場!|ダイドーブレンド|ダイドードリンコ

http://blend.dydo.co.jp/umami/

これが新しい「うまみブレンド」。



コーヒーの果肉までドリップする特許技術「まるごとドリップ」を使用しています。



コーヒー豆と果肉の部分を別々に抽出するのではなく、本当に果実をまるごと乾燥させ、微粉砕ののちに抽出してコーヒーにしている模様。



左側が新デザインで、右側が旧デザイン。



栄養成分を見ると数値が微妙に変わっており、缶のデザインだけでなく味わいも改良されている模様。



原材料には「コーヒーチェリー抽出物」などが使われているのがわかります。



さっそく飲んでみると、焙煎したコーヒー豆の香ばしい香りが広がり、缶コーヒーながら一瞬「おっ」と思わせる仕上がり。缶コーヒー特有の嫌な甘みもなく、コーヒーチェリーの果実の甘みがいきているのかも。旧デザインの方と飲み比べたところ、飲み比べないとわからないレベルですが、新デザインのコーヒーのほうが良い香りが強いように感じられました。



ホットで飲むと、香ばしいコーヒーの香りがよく感じられます。珍しい「コーヒーチェリーごと抽出したコーヒー」ですが、自販機で手軽にお試し可能です。