LS北見の本橋麻里【写真:Getty Images】

写真拡大

第10エンドで逆転許し3位決定戦へ、23日カザフスタン戦

 冬季アジア大会は22日、カーリングの女子準決勝が札幌市カーリング場で行われ、日本のLS北見(予選3位)は中国(予選2位)に5-6の逆転で敗れ、決勝進出を逃した。23日に銅メダルをかけてカザフスタンと3位決定戦を行う。

 0-1で迎えた第5エンドに相手のミスに乗じて3点を奪取。一度は逆転を許したが、4-5で迎えた第8エンドに2点を奪って再逆転。しかし、5-4で突入した第10エンド、勝負所で狙ったサードの本橋麻里、スキップの藤沢五月のダブルテイクアウトが決まらず、逆に中国のスキップの最後のスローで2点を奪われ、逆転負けを喫した。

 予選リーグでも敗れている中国に土壇場での逆転負け。「最後の2投を決めきれなかった私のミス。いい形で来ていたので、悔しい」と藤沢、「後半、私のつけ込めるところで落としてしまったのが痛かった」と本橋。それぞれ敗因を背負い込んだ。

 本橋は日本選手団の主将も務めた。「五輪のような生活をする中でいい経験をさせてもらった」と振り返った。23日には銅メダルをかけ、カザフスタン戦が控える。藤沢は「今日も展開は悪くなかった。明日も自分たちらしい試合をしたい」と前を見据えた。