気になる男性とのエッチ。まだお付き合いをする前であれば、終電をわざと逃したり、酔っぱらって見せたりと「エッチOK」という何かしらのサインを出します。

しかし、いざカップルとして成立したとしても、そういったエッチがしたいという想いを露骨に伝えられるわけではありません。

そこで、今回お伝えしたいことは、カップルで使える“エッチOKサイン”そのアイデアをご紹介しましょう。

 

■エッチなボディタッチ

ボディタッチとは、男性に好意を伝えるのに効果的な行為です。しかしここでは、一般的な触れ方ではなく、相手を摩るようなちょっとエッチなボディタッチをしてみましょう。

とくにオススメの使い方としては、ふたりで座っているときなど、彼の太ももをスリスリと摩ってみるのです。

「いま人肌が恋しいですよ」というメッセージも込めて、男性の局部にもっとも近い、もものあたりをスリスリしてみましょう。

 

■眠いふりをする

あなたからの「眠い」というサインは、カップルであれば「一緒に寝よ」というメッセージとなり、さらに裏を返せば“エッチOKサイン”ともとることができるのです。

ベッドの上に横たわれば、自然とエッチに流れやすいのがカップルとしての特権。

あなたからのサインを示し、うまく彼をベッドに誘導させ、エッチがしたい空気を感じてもらいましょう。

 

■お風呂に入ってと勧める

普段であれば、相手がお風呂に入るタイミングなんて、まったく気にすることなどありません。

しかしそこで、相手に「まだお風呂入らないの?」と急がすメッセージを投げかけた場合、それは「本当はエッチがしたい」という気持ちとしてとってもらいやすいのです。

一度、エッチのサインと認識してもらえれば、それ以降は“エッチOKサイン”として活用できるので、試してみる価値ありです。

 

■パジャマの使い分け

パジャマを二着用意しておくことで、上手く使い分けることができます。

一着は、普段に何気なしに着こなすパジャマ、そしてもう一着は“エッチOKサイン”が込められたパジャマ。

そのパジャマを着たときには、エッチをするように癖づけておきましょう。そうすることで、自然とそのパジャマを着ただけでエッチOKなんだと気づいてくれるはず。

 

いかがでしたか? カップルといえども、なかなかストレートに伝えられないのが女性としての悩み。

2人だけのサインを作っておけば、あなたの性的欲情にあわせ活用することができるでしょう。

しかしそれはカップルによって様々、2人だけの“エッチOKサイン”を工夫してみてください。(恋愛占い師 そら)

【画像】

※ Jacob Lund/shutterstock

【関連記事】

※ きゃっ…バレてた!? 男子が「今日OK♡」サインを感じる瞬間4つ

※ 攻め下手を克服。「エッチ」で彼をリードするコツ

※ 「すげぇ興奮する!」エッチのマンネリを防ぐベッドルームの演出

※ 証拠は残すな。「不倫相手とのエッチ」で絶対やってはいけないコト

※ うわっ、たまんねぇ!「男のS心」をくすぐるエッチなしぐさ

※ ヤッちゃったぁ…ドン引きされた!エッチ中の大失敗