-100℃〜200℃対応の熱伝導シート「minus pad 8」に3mm厚モデルが登場!

写真拡大

高い熱伝導効果と柔軟性が特徴の熱伝導シート「minus pad 8」の3mm厚モデル「TG-MP8-120-20-30-1R」が、親和産業から発売となった。



「TG-MP8-120-20-30-1R」は、-100℃〜200℃に対応する熱伝導シート。

素材にセラミック、シリコン、微粒子化された酸化アルミニウムを採用することで、柔軟性を保ちつつも8.0W/m・kという高い熱伝導率を実現しているのが特徴。さらに、設置面のサイズに合わせて、カッターナイフなどで簡単に切断することが可能だ。

今回発売となったのは、長方形タイプの120(幅)×20(奥行き)×3.0(厚さ)mm。なお、正方形タイプ(100×100mm)と長方形タイプ(120×20mm)の0.5mm/1mm/1.5mm/2mm厚モデルは2015年に発売済み。

価格は、下記のとおり。

親和産業「TG-MP8-120-20-30-1R」
2,149円(税込):ドスパラパーツ館
2,149円(税込):パソコンショップ アーク
2,150円(税込):パソコン工房 秋葉原BUYMORE店


>> -100℃〜200℃対応の熱伝導シート「minus pad 8」に3mm厚モデルが登場! の元記事はこちら