デヴィッド・ボウイ記念碑イメージビジュアル

写真拡大

デヴィッド・ボウイの記念碑を建てるプロジェクトが、資金を募っている。

【もっと画像を見る(7枚)】

現地時間の2月21日にイギリス・ロンドンのサウスバンクセンターで発表された同プロジェクトは、ボウイの出生地であるロンドン・ブリクストンに記念碑を建設しようというもの。記念碑はボウイのアルバム『Aladdin Sane』のアートワークに使われた赤と青の稲妻を表現したデザインで、高さ9メートルのステンレス鋼製の像となる。

プロジェクトは、ロンドンのアーティストThis Ain't Rock'n'Rollによって立ち上げられ、ニューヨークとロンドンのボウイのチームと協議の上で実施。またブリクストンが位置するランベス市議会の協力を得ている。

イギリスのクラウドファンディングプラットフォーム「Crowdfunder」で展開されている資金募集の目標金額は、現在の日本円で約1億4千万円にあたる99万ポンド。支援は20ポンドから受け付けており、リターンには、ジョン・ダニエル、ダニエル・フィッシャーによるボウイのアート作品や、記念碑のレプリカ、Tシャツなどが用意されている。資金の募集は3月21日まで実施中。