マスクが肌に与える影響は?プロが教えるメリット、デメリット

写真拡大

インフルエンザや胃腸炎など、流行の病気を予防、そして、花粉の季節は欠かすことのできないアイテムの“マスク”。最近は男女問わずつけている方が本当に多くなりました。

あらゆる予防策につかわれるマスクは、メリットはもちろんのこと、反面、デメリットもあることをご存知でしょうか? そこで、メイクアップアーティストで美容家でもある筆者が、美容におけるマスクのメリット・デメリットについてご紹介します。

 美容にとってはデメリットのほうが勝る!?

健康にとっては、病気予防に大活躍するマスクですが、実は、美容の観点からみると、デメリットのほうが勝ってしまうのが実情。

時期的に、インフルエンザが流行る時期や花粉の飛散する時期に、どうしてもマスクの着用時間が増えてきます。着用している時間が長ければ長いほど、マスクの中の衛生度は落ちていきます。

それは、長時間つけていると、マスク内は徐々に蒸れていきます状態。温かい息で湿った状態は、雑菌の温床になるため、直接肌に触れる部分は、肌トラブルの原因になることも……。

また、近年多くいわれているのは、マスクによる接触性の皮膚炎が増えているとのこと。たとえば、マスクと接触しやすい唇は、いくら保湿をしてもひび割れてしまって、リップクリームでの保湿がおいつかないということもあるそう。

美容に対するマスクのデメリットもあることを認識し、マスクの使うペースを調整することが大切です。

 これだけは言える美容に対するマスクのメリット

私たちは、日頃から無意識のうちに、手で顔を触ってしまっています。たとえば、前髪をよけるときに額に触れたり、鼻がちょっとムズムズして鼻のあたりをいじってみたり。

みなさまもよくご存知のとおり、手というのは雑菌の宝庫です。もちろん、四六時中手を洗うわけにはいきませんから、普通に生活する上で仕方のないことですが、その手で顔に触れてしまうと、肌トラブルを引き起こしたり、すでにできてしまっているトラブル箇所を悪化させてしまうことがあります。

そんなとき、マスクを着用していることで、一部分は直接的に触れられない状態をつくることができるため、少なからず、こうした汚れた手で顔をさわることで起きるトラブルからは回避できるというメリットがあるのです。

いかがでしたでしょうか? マスクは、直接肌に触れるものになるので、衛生面を考えると、なるべく使い捨てタイプを使用しつつも、長時間の着用は避けたほうがよさそうですね。

健康と美を守るために、あらゆる手を尽くす私たちですが、手を尽くしすぎて逆効果にならないことを心がけましょうね!

【画像】

※ Dmytro Flisak / shutterstock

【筆者略歴】

黒木絵里

外資系化粧品メーカー2社を経て独立。現在「Eri Kuroki Make-up solution」代表として人材育成やメイクセミナー、コスメ・メイク監修などの美容コンサルティング業務をおこなっている。