歯医者もすすめる進化した”オーガニック歯磨き粉”をご紹介。

写真拡大 (全6枚)

歯磨きをするにあたって、気になるのが汚れがきちんと落ちているかですよね。ですが、それだけで本当に大丈夫ですか?まちがった歯磨き粉の選び方で、知らずにダメージを受けてしまっているかもしれません。オーガニックの歯磨き粉で、お口の健康も維持してみませんか?

歯の健康は身体の健康へ

毎日する、歯磨き。
歯の健康と体の健康につながっているということはご存知でしょうか。
生きるために食べたり飲んだりするしますよね。
一生一切食べ物・飲み物は摂らないという人はいないはずです。

そして、その食べ物がまず最初に通過するのが”口”ですよね。

この時、口の中が健康でなかったら、しっかりとかみ砕くことができなかったり、唾液が不足していたり。

すると、これから食べ物が通過する胃腸に負担がかかってしまったり、栄養の吸収率にも影響が出てしまうんです。

歯磨き粉もオーガニック

毎日使う歯磨き粉、あなたはどう選んでいますか?
フッ素が使われているもの、泡立ちがイイもの、ホワイトニング効果があるもの、さまざまな種類が市販されていますよね。

フッ素成分配合

歯の再石灰化を促進してくれる成分として知られていますよね。
ですが、近年安全性が疑われているって知っていましたか?

実はフッ素に頼らなくても、唾液には再石灰化を促してくれる作用もあるので、フッ素は歯磨き粉に入っていなくても大丈夫なんです。

歯磨き粉の泡立ち

これは実は、歯磨きの洗浄効果とは関係がないんです。
泡立ちは、歯磨きをしてます!
という感じを演出するためだけの発泡剤によるものなんです。

実際、安全な歯磨き粉には発泡剤がほとんど使われていないので、泡立ちは悪くなっています。

このように、本来必要ではないものが市販の歯磨き粉に含まれていることが多いのです。

そんな中、天然素材のみで作られているオーガニックの歯磨き粉なら、余計な添加物もないので安心して使えるものと言えるんです。

オススメのオーガニック歯磨き粉 Sinn Pureté(シンピュルテ)

トゥースペーストSA :さっぱりつるつるの歯に

海塩スクラブで付着した色素や汚れを落としてくれます。
ジェル状の歯磨き粉は、口内をさっぱりと仕上げ、さらにつるつるの歯に。
後味もスッキリの塩歯磨きです。

トゥースペーストSE:ジェルタイプの優しい歯磨き粉

歯や歯茎が敏感な方、子どもから大人まで使えるやさしい歯磨き粉です。
口腔内のpHを8.1の弱アルカリ性に保ち、虫歯から守ってくれます。

トゥースペーストWH :ホワイトニング

ペーストタイプの歯磨き粉。
歯を白くして、表面のエナメル質を強くします。
また、クエン酸の殺菌・除菌作用で口臭予防、唾液の分泌を促進する効果もあります。

歯磨き粉は、直接口の中に入れるものです。
だからこそ、安心して使えるものがいいですよね。

オーガニック歯磨き粉を使って、お口の中からまずは健康になりましょう!

Sinn Pureté