写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の有村架純が22日、都内で行われた映画『3月のライオン』(前編2017年3月18日、後編4月22日公開)の完成披露試写会に、神木隆之介、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、前田吟、中村倫也、奥野瑛太、新津ちせ、豊川悦司、大友啓史監督とともに登場した。

同作は、羽海野による同名コミックを実写化。中学生という若さで棋士としてデビューし、東京の下町で一人暮らしをしている桐山零(神木隆之介)を主人公とし、将棋や下町の人々との交流を通じて、心のどこかで空虚を抱えている零がさまざまな思いに直面していく様を描く。有村は、零の血の繋がらない姉・幸田香子を演じた。

有村は「原作ファンの方は、私が香子を演じることにすごく驚かれたと思うんですが、私自身も皆さんの元に届くまではすごく不安でいっぱいです」と心情を吐露。しかし「本当に素晴らしい作品ですし、不安はあるんですけど、皆さんに早く見ていただきたい思いでいっぱいです」と頭を下げた。

また、豊川は「すごい舞台装置で、横に有村さんがいて、紅白歌合戦かと思ってしまいましたが、僕は歌いません」と一言。昨年末に行われた『第67回NHK紅白歌合戦』で紅組司会を務めあげた有村は、豊川の”紅白いじり”に溢れるような笑顔を見せた。豊川はさらに「最後に神木くんが歌うかもしれません」とたたみかけ、神木もたじたじに。神木は「なんでですか!」と苦笑しながら抗議していた。