無料の写真素材を扱うストックフォトサービスの中には、個人利用だけでなく、商用利用が可能なものや、クレジット表記が不要で完全フリーに使える写真も多く存在します。さまざまなジャンルのストックフォトサービスがSocial Media Todayによってリストアップされており、写真家が撮影した「作品」と呼べるレベルの写真や、食べ物に特化した写真、ヴィンテージ写真、ファッションに関係するおしゃれな写真など、検索サービスによって扱う写真の特色がさまざまなので、見ているだけでも楽しめます。

28 Places to Download FREE Images for Websites and Blogs | Social Media Today

http://www.socialmediatoday.com/marketing/28-places-download-free-images-websites-and-blogs

◆01:Pixabay



Pixabayは知的財産権が誰にも帰属しないパブリックドメインの画像を検索閲覧・ダウンロードできる画像検索サイト。GIGAZINEでは過去に以下のような形で記事にしています。

商用・非商用を問わず完全フリーで使えるハイクオリティな画像検索サイト「Pixabay」 - GIGAZINE



◆02:Unsplash



Unsplashは1日に10枚ずつ投稿される高解像度画像をキーワードから検索可能にしたサービス。ダウンロードした画像は商用利用も可能となっています。

なお、Unsplashがどのように運営されているのか?ということは、以下の記事から読むことが可能です。

無料で高画質な写真がダウンロードできる「Unsplash」の運営費用はどれぐらいかかっているのか? - GIGAZINE



◆03:Creative Commons



Creative Commonsはクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)を提供している国際的非営利組織とそのプロジェクトの総称。ウェブ上記サイトではFlickrやWikipedia Commons、GoogleなどからCCライセンスの画像を検索することが可能で、改変・商用利用が可能な画像だけを探しだすこともできます。

◆04:public domain archive



public domain archiveも知的財産権が発生していない、または消滅した状態の画像を検索できるサイト。なので完全に自由に使えます。

◆05:Flickr: Creative Commons



画像検索サービスFlickrのうち、CCライセンスの写真だけを検索できるページ。写真によって商用利用が禁止だったりクレジット表記が必要だったりするので、使用の際は各素材のライセンスをチェックしましょう。

◆06:SplitShire



SplitShireは商用利用が可能な無料ストックフォトを集めたサイト。トップページからもわかるように、かなり高品質&おしゃれな雰囲気の写真に特化しています。無料で使えるムービーもありました。

◆07:Gratisography



Gratisographyの写真は全てRyan McGuireさんによって撮影されたもの。商用利用・個人利用を問わず、ライセンスの形は「CC0に近い」としつつも、別の無料ストックフォトサイトで再配布したり、ポルノグラフィーに利用することなどは禁じられています。

◆08:PDPics.com



PDPics.comもパブリックドメインの写真を扱うサイト。写真はすべて自社に所属するカメラマンが撮影したとのことです。

◆09:StockSnap.io



StockSnap.ioにある写真も全てCC0、つまり、撮影者が「いかなる権利も保有しない」としたもの。高画質な写真が毎週追加されていきます。

◆10:Magdeleine



Magdeleineの写真もCC0ではあるものの、作者への謝辞やクレジットの掲載は必要とのこと。

◆11:Good Free Photos



Good Free Photosは記事作成時点において1万7050枚のパブリックドメインの写真・画像・クリップアート・ベクター画像などを有しています。

◆12:Freerange Stock



Freerange Stockも無料で個人利用・商用利用可能な写真を検索可能なサービス。写真はFreerange Stockに所属するカメラマンが撮影したもののほか、アーカイブ、そのほか写真コミュニティから寄贈されたものとのことです。

◆13:PICKUP IMAGE



PICKUP IMAGEが扱っているのは全てパブリックドメインの写真。そのため、自由にコピー・改変・再配布・商用利用することが可能です。PICKUP IMAGEの写真もサービスに所属するカメラマンによって撮影されています。

◆14:Photogen



無料で個人利用および商用利用できる写真が集められているのがPhotogen。ただし再販・再配布などはできません。高画質な写真ですが、「雰囲気のある写真」というよりは「情報を伝える写真」が多いかも。

◆15:Skitterphoto



Skitterphotoで検索可能な写真もCCOライセンスのもの。自由に改変や商用利用が行えますが、「高画質で選び抜かれた写真」が取りそろえてあるというよりは、多種多様な画像が入り交じっている感じです。

◆16:Free high resolution photography



才能ある写真家たちが撮影した著作権制限のない無料の写真を扱っているのがFree high resolution photography。1枚1枚が「作品」と呼べるレベルの写真が毎週追加されていきます。

◆17:Pexels



Pexelsの写真も全てCC0ライセンス。唯一の使用制限は「写真に写っている判別可能な人を攻撃する目的で使用しないこと」となっています。

◆18:Morguefile



35万枚以上のストックフォトから検索可能なのがMorguefile。写真は改変・商用利用が可能ですが、未改変の写真を販売・再配布・ライセンス付与・レンタルなどすることは禁止されています。また、改変を加えずすすまま使用する際はクレジットが必要とのこと。

◆19:1 million free pictures



1 million free picturesのある写真は全てパブリックドメインですが、1 million free picturesを使って別のパブリックドメインのギャラリーなどを作ることは禁止されています。検索の方法が少し特殊で、キーワード検索すると1枚ずつ写真が表示されるのではなく、テーマごとに写真がまとめられたブログページが表示されるようになっています。

◆20:NegativeSpace



「対象物の間にある空間」をアート用語で「ネガティブスペース」と呼び、人々が意識しない部分、焦点を当てない部分のことを指しますが、「ネガティブスペースとなっている写真家たちの作品が輝けるように」ということで作られたプラットフォームがNegative spaceです。写真家たちによって撮影された、CC0ライセンスの高解像度かつ美麗な写真が検索可能となっています。

◆21:picjumbo



無料で800枚以上の写真素材をダウンロードできるのがpicjumboです。写真は商用利用が可能でクレジットも不要。さらに多くの写真をゲットするための有料プランも存在します。

◆22:freestocks.org



freestocks.orgのカテゴリには「animal」「city & architecture」のほか「fashion」「nature」などもあり、見てみたところ「かわいい」「きれい」「おしゃれ」な雰囲気の写真が多くありました。ライセンスはCC0です。

◆23:freemagebank.com



freemagebank.comの写真も無料で個人利用・商用利用が可能ですが、再配布の禁止など、一定の制限も存在します。写真のほかにイラストなどもありました。

◆24:New Old Stock



パブリックアーカイブから集めたヴィンテージ写真をダウンロードできるのがNew Old Stock。個人利用は自由ですが、中には商用利用不可のものも存在するようなので、使用の際には各素材のライセンスのチェックが必要です。

◆25:Free Refe Real Life Photos



人々の生活の一コマを切り取ったかのような写真が並ぶのがFree Refe Real Life Photos。写真は個人利用・商用利用可能です。

◆26:jay mantri



jay mantriの写真もCC0ライセンス。落ち着いた雰囲気の風景写真が並んでいました。

◆27:FoodiesFeed



食べ物に特化した高解像度写真検索サービスがFoodiesFeed。カテゴリも「Coffee & Drink」「Meat & Fish」「Exiotic cuisine」など独特です。写真所蔵数は1000枚以上で、個人利用・商用利用が可能とのこと。

◆28:Shutteroo



個人利用・商用利用を問わず、クレジット不要で利用できる写真を集めているのがShutteroo。ブログで使ったりマグカップに印刷したりはOKですが、販売や再配布は禁止。「NATURE TEXTURES」「HOTEL ROMANCE」「TAKE ME HOME」といった独特のテーマで写真がわけられています。