一部のMacBook Pro (2016)のキーボードで、特定のキーを押した時に耳障りなハイピッチ音が発生する、文字が2回入力される、キーが反応しないといった問題が多発しているようです。

MacBook Pro (2016)のキーボードで問題多発

米メディアMacRumorsのユーザーフォーラム、そしてAppleのサポートフォーラムに、MacBook Pro (2016)のキーボードに関する苦情が数多く寄せられています。
 
苦情の多くは、キーが反応しない、特定のキーを押すと他のキーとは異なる耳障りな高音が出る、1度押しただけなのに2回も同じ文字が入力される、キーボードを触れた時の感触が一様ではない、といったものです。

第2世代バタフライ構造に問題あり?

MacBook Pro (2016)では、快適な使い心地とさらに優れた反応を得られるよう設計された、第2世代のバタフライ構造によるキーボードが採用されています。
 
AppleはWebサイトに、新キーボードのキーは「安定性が4倍向上」と記していますが、この苦情の山を見ると、もしかしたら構造に問題があるのではという疑問が生じてきます。

温度上昇と関連か

もっとも多い苦情のひとつが、特定のキーを押すと他のキーとは違う「パチパチ」音がするというもので、MacRumorsユーザーのmonstermac77氏がその音の入った動画を公開しています。
 

 
monstermac77氏によれば、この耳障りな音が発生するのはMac本体の温度が上昇している時のみとのことで、他のユーザーも同様の報告をしていることから、温度上昇が問題発生の引き金となっている可能性があります。しかし温度に関係なく、奇妙なクリック音がすると報告しているユーザーも存在します。

問題が改善しなければ修理へ

耳障りなクリック音程度ならまだ我慢できますが、一部のユーザーには押しても文字が入力できない、一度しか押していないのに文字が2度入力される、キーがまったく反応しないといった、さらに深刻な問題が起きているようです。
 
また上記のキー問題ほど重大ではないものの、キーによって押した時の感触が異なるという苦情も出ています。これはバタフライ構造に関係しているようで、一部のユーザーは針など細いツールを使って直したと報告していますが、この解決方法はお勧めできません。
 
キーボードに明らかに問題がある場合は、Apple Storeや正規サービス・プロバイダへの修理を依頼しましょう。
 
問題の多くはTouch Bar搭載の15インチMacBook Proで起きているようですが、Touch Bar搭載13インチモデルや、非搭載13インチモデルでも問題が報告されています。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)