「乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE」の2日目、舞台&映画の大型企画発表が!

写真拡大

2月21日、さいたまスーパーアリーナで“2日目”の公演を迎えた「乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE」の終演間際に、ファンを喜ばせる発表があった。「ビッグコミックスピリッツ」に連載中の人気マンガ「あさひなぐ」が、乃木坂46の齋藤飛鳥主演で舞台化、西野七瀬主演で映画化されることが決定。製作にあたる東宝の関係者は、「(同社の歴史上初となる)舞台部門と映画部門が連携する大型企画として期待を寄せている」と話した。

【写真を見る】3期生は「人なはぜ走るのか?」「強がる蕾」「羽根の記憶」の3曲を披露

3デイズ公演の初日となった20日には橋本奈々未の卒業コンサートが行われ、別れを惜しむファンは涙にむせたが、この日は心機一転。新体制としての初ライブでは、昨年グループ入りしたばかりの3期生が、1期生、2期生と初めて同じステージに立った。また、同時間帯に東京・代々木第一体育館で行われていたAKB48の「こじまつり〜前夜祭〜」の会場と生中継を結び、“乃木坂AKB”として初めてライブパフォーマンスを披露するなど観客を喜ばせる仕掛けが展開。その流れを締めくくるように「あさひなぐ」プロジェクトが発表された。

「あさひなぐ」はマンガ家・こざき亜衣が描く青春物語。高校入学を機に「薙刀(なぎなた)」を始めた女子高生・東島旭(とうじまあさひ)を中心に、個性豊かな薙刀部メンバーが成長していく姿を描いている。今回、舞台版で主人公の旭を演じる齋藤は、「舞台経験が少ないので今のところ不安です。でも、生駒(里奈)ちゃんや若月(佑美)など個々で舞台に出ているメンバーも多いので、先輩たちに力を借りつつ頑張りたいです。精一杯演じられたらと思います」とコメント。映画版で同じ旭役に挑む西野も「着々と薙刀の稽古を受けております。めっちゃ難しいけど、新しいことを始めるってすごいうれしいなぁと思いながら裸足で頑張っています(笑)。原作のファンの方に怒られないように、主人公の旭ちゃんになりたいと思います」と笑顔で意気込みを語った。

なお、舞台版には齋藤、生駒、若月のほかに、井上小百合、衛藤美彩、北野日奈子、新内眞衣、堀未央奈の出演が決定している。

取材・文=大小田真

<映画版「あさひなぐ」>

2017年、秋 全国公開

原作:こざき亜衣「あさひなぐ」(小学館・ビッグコミックスピリッツ連載中)

キャスト:西野七瀬 ほか

監督:英 勉

制作:ノースリバー

制作プロダクション:ROBOT

配給:東宝映像事業部

<舞台版「あさひなぐ」>

5月20日より上演

原作:こざき亜衣「あさひなぐ」(小学館・ビッグコミックスピリッツ連載中)

キャスト:齋藤飛鳥・井上小百合・新内眞衣・若月佑美・生駒里奈・堀未央奈・衛藤美彩・北野日奈子 ほか

脚本・演出:板垣恭一

制作:東宝演劇部