生身のアクションが満載 (C)2016 Paramount Pictures and Revolution Studios. All Rights Reserved.

写真拡大

 「ワイルド・スピード」シリーズのビン・ディーゼルが15年ぶりにシリーズに復帰し、型破りなエージェントの活躍を描く第3作「トリプルX 再起動」の本編映像が、公開された。ディーゼル演じるエクストリーム・スポーツ界のカリスマ、ザンダー・ケイジと「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」のドニー・イェン扮する最強の敵ジャンのチェイスシーンを切り取っている。

 ディーピカー・パードゥコーン、クリス・ウー、ルビー・ローズ、トニー・ジャーといった国際色豊かなキャストが集結。再び国家安全保障局(NSA)の極秘エージェントに抜てきされたザンダー(ディーゼル)が、ジャン(イェン)との「パンドラの箱」と呼ばれる軍事兵器の争奪戦に身を投じる。

 映像は、バイクに乗ったザンダーがジャンを追って建物を飛び出し、密林に飛び込んでいく危険極まりないアクションシーンから始まる。追走するザンダーを発見したジャンは、猛スピードでバイクを飛ばしながら「遊ぼうぜ」と蹴りを入れてひるませると、バイクをサーフィン仕様に切り替えて海原へジャンプ。ザンダーも負けじと追いかけるが、目前に大波が迫る。シリーズ最強の敵にふさわしいジャンの立ち回りを収めたシーンとなる。

 ディーゼルは、ジャンについて「彼はほとんどザンダーの対極にある男であると同時に、双子の兄弟のような存在なのさ。2人は共に己の正義のもとにスリルを求める異端児で、物語を追っていくうちに、そんな2人が似ていることが面白さあふれるキャラクター形成へとつながっていくんだ」とザンダーとの共通点を語る。水上でのバイクアクションについては「水は、今回の撮影を通して最も難易度の高い要素を含んでいた」と振り返っている。

 「トリプルX 再起動」は、2月24日から全国公開。