写真提供:マイナビニュース

写真拡大

センチュリーはこのほど、Thunderbolt 3やUSB Type-Cを備えたノートPC向けの拡張ドッキングステーション「Terminal C」を発表した。2月下旬の発売を予定し、参考価格は税込み7,980円。

MacBookをはじめとしたUSB Type-C搭載ノートのインタフェースを拡張するドッキングステーション。ノートに付属するUSB Type-C電源アダプターとノートの間に接続することで、USB 3.0×2(Type-A)、HDMI(4K対応)×1、SDカードリーダー(UHS-II対応)を拡張できる。

対応機種はUSB Type-Cを搭載したMacbook(2015/2016)、Thunderbolt 3やDisplayPort1.2機能を備えた(Displayport Alternate Mode)USB Type-C搭載のWindows PC(Dell XPS13で動作確認済み)。なお、インタフェースカード経由の動作やUSB PD(Power Delivery)非対応のデバイスはサポートの対象外となる。

本体サイズはW79×D79×H15mm、重量は約70g。