「トロピカーナ 100% まるごと果実感 オレンジ」

写真拡大

ライバルは果実。「まるごと果実感」を味わおう。

【写真を見る】「トロピカーナ 100% まるごと果実感 グレープフルーツ」

キリン・トロピカーナ株式会社は、新シリーズ「トロピカーナ 100% まるごと果実感」の900mlキャップ付き紙容器(税別250円)を3月21日(火)から全国で発売する。

「果実のおいしさと栄養」を届ける同シリーズは、その名のとおり果実をまるごと味わっているような「濃くてギュッとつまった味わい」を追求。「オレンジ」と「グレープフルーツ」、「アップル」、「フルーツブレンド」、「マンゴーブレンド」の全5フレーバーそれぞれに、果実の個性が活きる、糖度と酸度のバランスの良い果汁のみを厳選して使用している。

さらに、果実の繊維分を多く含む「パルプ果汁」、果実を裏ごしした「ピューレ」を使っている。同一種でも味わいの異なる果実を用いた「ブレンディング」など、素材選びと技法で、濃さだけに頼らない「果実の再現性」にこだわっている。

「オレンジ」では、オレンジ果汁のなかでも特に風味豊かなものを選定。果実の繊維分を多く含む「パルプ果汁」を使用している。「グレープフルーツ」はコクのあるピンクグレープフルーツとキレのある酸味のホワイトグレープフルーツをブレンド。「アップル」は風味や食感がギュッとつまった混濁果汁とピューレを使用した。

「フルーツブレンド」は、ぶどう、オレンジ、もも、いちごの4種をブレンドし、風味豊かなピーチピューレを使用。「マンゴーブレンド」は、甘く熟したマンゴーとりんごをブレンドし、風味豊かなマンゴーピューレを使っている。

パッケージでは、「果汁飲料は飲む前に中味を振ってから飲む」という声に応え、キャップ付き容器を新たに採用。1人でも最後までおいしく飲み切れるように、容量は900mlとなっている。

果実を飲むような感覚を味わってみよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】