写真提供:マイナビニュース

写真拡大

じぶん銀行は2月15日、KDDIの直営店を受託運営するKDDIプリシードにおいて、住宅ローンの契約締結の媒介に係る業務を追加した。現在委託している「円普通預金口座」および「円定期預金口座」の契約締結の媒介に続くもの。

同日より「au SHINJUKU」(東京都新宿区)、「au OSAKA」(大阪府大阪市)で、じぶん銀行の住宅ローンの取り扱いを開始する。また4月中旬以降、順次取扱店を拡大し、KDDI直営店全店(2017年2月現在、8店舗)でも開始する予定。

これにより、同行の住宅ローンは、電話での相談やWebサイトからの申し込みに加え、KDDI直営店において対面で相談・申し込みができるようになった。