野心が、とまらない!!! (C)2017 フジテレビジョン 集英社 東宝
(C)古屋兎丸/集英社

写真拡大

 古屋兎丸氏の人気コミックを菅田将暉主演で実写映画化する「帝一の國」の第2弾ポスターが、このほど披露された。ポスターには主人公・赤場帝一(菅田)、ライバルの東郷菊馬(野村周平)、大鷹弾(竹内涼真)、氷室ローランド(間宮祥太朗)、榊原光明(志尊淳)、森園億人(千葉雄大)がズラリ。桜を背景に「野心が、とまらない!!!」のコピーが添えられ、6人が花びらのようなフォーメーションを形成した個性あふれる仕上がりだ。

 2010年から漫画雑誌「ジャンプSQ」(集英社刊)で連載した同名漫画を原作に、「世界から猫が消えたなら」の永井聡監督のメガホンで映画化。生徒会長を務めた者は将来の内閣入りが約束されている超名門・海帝高校を舞台に、「自分の国をつくる」という野望を持つ帝一が、命がけの生徒会選挙に挑む姿を描いた。

 さらに菊馬、弾、氷室、光明、森園それぞれを選挙ポスターのように切り取ったキャラビジュアルもお披露目。帝一をずる賢く出し抜こうとする菊馬に扮した野村をはじめ、各々が役どころの特徴をしっかりつかみ、原作をオマージュして写真撮影に臨んだ様子がうかがえる。また、6人のビジュアルを採用した「帝一のめんこ」付き前売り券が、3月4日から全国の映画館で販売される(先着2万人限定)。

 「帝一の國」は、4月29日から全国で順次公開。