現在ヨーロッパで「ザ・ボーイ・ミーツ・ワールド」ツアー中の、カナダ出身の人気アーティスト、ドレイク。

現地時間今月20日(月)、アイルランドでコンサートを開いたドレイクは、「今日は、ある人の誕生日だ。僕が心から愛しく想っていて、尊敬している人のバースデーなんだ」と、愛のメッセージをステージ中に告白! 名前は明かさなかったものの、この日誕生日を迎えた、ドレイクが"愛しく想う女性"とは… そう、元恋人で歌手のリアーナ!

29歳の誕生日を祝うため「『ハッピーバーステー』を歌う代わりに、この曲を贈るよ」とステージに立ったドレイクは、リアーナとのコラボ曲「Work」を披露。2人のアツい恋愛を思い出させる楽曲と熱烈なパフォーマンスで観客を大興奮させた。

実は先月ロンドンで開催されたコンサートでも「リアーナは、全ての面で女王のような存在なんだ」と猛烈ラブコール! どうやら、今もリアーナが気になって仕方がないよう。

2人の関係がスタートしたきっかけは、2010年に大ヒットした初のコラボ曲「What's My Name?」。それから交際に発展したよう。

その後2人は破局してしまったものの、昨年の「MTVビデオ・ミュージック・アワード」に、ドレイクとリアーナが揃って登場。リアーナのプレゼンターを務めたドレイクは、「リアーナは、僕が22歳の時から恋している女性だ」と公の場で告白し、再び親密な関係に…♡

でも、ドレイクと言えば、J.Loことジェニファー・ロペスとの熱愛が、昨年末から報じられたばかりなんじゃ…と思った人も多いのでは? 今月21日放送された「エレンの部屋」で、ドレイクと共に過ごした去年のクリスマスのラブラブ写真を公開されエレンからつっこまれたJ.Lo。多忙によるすれ違いで破局したという線が濃厚なふたりだけど「年齢に関係なく、惹かれるときは惹かれるし、好きになるときは好きになる」とコメント。彼女は本気だったよう。

とはいえ、再びリアーナに猛烈アピールをしているドレイク。これだけ大胆に愛を叫ばれたら、落ちない女性はいないかも…?