ZE:A ヒョンシク&ジス、ドラマ「力の強い女ト・ボンスン」パク・ボヨンを絶賛“同僚俳優たちが羨んでいる”

写真拡大

俳優ZE:Aのヒョンシクとジスが、パク・ボヨンが相手役であることにプライドを感じていると話した。

22日の午後、ソウル江南(カンナム) 区インペリアルパレスホテルでJTBC新金土ドラマ「力の強い女ト・ボンスン」(脚本:ペク・ミギョン、演出:イ・ヒョンミン) の制作発表会が行われ、パク・ボヨン、ヒョンシク、ジス、イ・ヒョンミンプロデューサーが出席した。

この日、ヒョンシクは「映画『私のオオカミ少年』を見て、パク・ボヨンと共演してみたいと思っていたが、このように共演することになりとても幸せだ」と話した。ヒョンシクは「男の同僚俳優たちがみんな羨んでいる。僕が勝者だ。実際に会ってみたら、思ったよりもラブリーな女優だった」と伝えた。

ジスも「パク・ボヨンに実際に会ってみたら、天使みたいだった。誰でも欲しがっているロマンのような女優だ。ヒョンシクが話していたように、みんな僕を羨んでいる」と付け加えた。

「力の強い女ト・ボンスン」は生まれつきものすごい怪力を持って生まれたト・ボンスン(パク・ボヨン) が、クレイジーさが魅力であるゲーム会社のCEOアン・ミンヒョク(ヒョンシク)、正義感溢れる新人刑事イン・グクドゥ(ジス) に出会うことから繰り広げられる、3人の男女の力比べロマンスを描く。韓国で24日の午後11時に初放送される。