映画「美女と野獣」でエマ・ワトソンが歌う「朝の風景」が公開されたよ! もう「ベル」本人にしかみえません!

写真拡大

2017年4月21日(金)に日本公開される、エマ・ワトソンさん主演のディズニー映画『美女と野獣』。

公開日が近づくにつれて少しずつ全貌が明らかになってきておりますが、2月20日(月)に新たなシーンがYouTubeで公開され、さっそく注目を集めているみたい!

登場したのは有名な「朝の風景」シーン。主人公のベルが歌い踊りながら町を歩き、人々と会話を繰り広げるという、印象的な場面です。

【驚きの再現力】

ミュージカルのように高らかに歌いながら、パンを手に取り、馬をなでるワトソンさんの姿は、完全にベル! アニメバージョンと比べるとよりいっそう、再現力の高さを確認することができます。

【あっという間に終わっちゃうけど見ごたえあり】

「あの娘はとっても美人だけど変わり者!」と町中の人々が歌う中を、夢見るような瞳ですり抜けてゆくベル。57秒間とわずかな時間ではありますが、世界観をうかがい知るには十分な仕上がりとなっておりますよぉ!

【もうベルにしか見えませんっ】

ベルだけでなく、道中出会う町の人々のヘアメイクや衣装、さらには町並みまでもがアニメの世界観そのまんま。観終わった瞬間、映画への期待値が一気に跳ね上がる「朝の風景」シーンは必見です。

わたしは前々から「ワトソンさんにベルはハマり役!」とは思っていましたが、この動画を観て、さらに確信が深まりました。みなさんもさっそく、ご覧になってみてくださいね♪

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る