アンドロイドの靴職人を演じる菊地凛子 (C)菊池良助

写真拡大

 国際派女優・菊地凛子が主演した映画「ハイヒール こだわりが生んだおとぎ話」が、6月24日からヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開されることが決定した。

 作品は、遠い未来で「欲望」という人間らしさを取り戻してしまったアンドロイドたちが引き起こすおとぎ話を描く。菊地はアンドロイドの靴職人・Kai(カイ)を演じ、CHANELや日本を代表するコレクションブランドMIHARA YASUHIROなどが衣装特別協力したことでも注目を集めている。

 共演は、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の小島藤子、映画「水の声を聞く」の玄理、モデルとして数々の雑誌の表紙を飾り、近年はグリコやメニコンのCMにも出演する谷口蘭。監督・脚本は19歳で来日して以来、活動の拠点を日本に移し、本作が監督2作目という新人イ・インチョルが手がけた。

 現在公開に向け、本編に追加するオープニングエピソードを製作中で、オープニングのアニメーションは、Mr.ChildrenのMVなどを手がける映像作家・半崎信朗が担当。製作途中の絵コンテとサンプルアニメが公開されている。美しくも哲学的でありながら親しみやすい作風は中毒性が高く、その独特な世界観が多くのファンに支持されている。

 なお、約30分の本作は、出社前や昼休み、帰宅前など隙間時間を利用し、「短い時間で上質の映画を、映画館で楽しむ=時短映画」という新しい映画鑑賞カルチャーも提案するものとなっている。