スマホdeドックは、自宅で一般的な健康診断の検査ができるサービスです。

「健康状態がとても気になる。」
「生活環境や時間の問題で健康診断を気軽に受けられない。」

という方にオススメのサービスです。
スマホdeドックなら、スマホがあれば自宅から簡単に健康診断ができちゃうんです。

スマホdeドック詳細はこちら→ KDDIのおウチで出来る血液検査 スマホ de ドック

今回、そんなスマホdeドックを実際に試してみました!

「スマホdeドック」には不安なポイントが・・・

スマホdeドックは、健康診断が自宅でできるというとても便利な健康診断サービス。


COPYRIGHT © KDDI CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED.

しかし、一点気になるポイントが・・・。

「自分で針を刺すのが怖い。」

血液検査なので当たり前ですが、「血」を採取する必要があります。
公式サイトの【ご利用者様の声】でも、「針を刺すのが怖い・不安だった」というコメントも多いです。

どれくらい痛いのでしょうか・・・ということで、実際にやってみようと思います!


スマホdeドックをやってみた

スマホdeドックを申し込み、「生化学14項目検査」を実際にやってみたいと思います。
申し込みから数日後に、スマホdeドックの検査キットが届きます。


中身はこんな感じ。思ったより本格的でなぜか緊張してきました。


始める前に、取扱説明書・採決のポイントをしっかり確認します。一連の流れを頭に入れておくと安心ですよ。


やり方の資料を見ながら、さっそく採血を行います。消毒布で採血する場所(中指)をしっかり消毒します。


このピンクと白の物体、これで指に針を刺すようです。


先端の白い部分を指に押し付けると、針が刺さる仕組みのようです。


カチッと音がするまで押し付けるようですが、なかなかに緊張しますね。確かにこれは怖いです・・・。
ここまで来たらやめるわけにはいかないので・・・


「カチッ」・・・正直な感想を言います。
針を刺してるので痛いには痛いのですが、覚悟していたほどではありませんでした。「え、終わった?」って感じでしたね!


本当に細い針なので、使用後は跡が残らずに完治します。
刺した時はチクッとしましたが、あとに残る痛みは一切ありませんでした。


その後は吸引器を使って血液を採取します。一定量採血できるまで、指先から血液を絞り出します。3回ほど繰り返しましたが、痛みはなかったです。


次に、用意されているボトルに血液を移します。注意事項・取扱説明書をよく見ながら行いましょう。


針を刺した指先には、付属している絆創膏でしっかり止血しましょう。


これでスマホdeドックの採血作業は終了です。


最後に検査キットに使ったものを戻して、検査カードと共に郵便局・ポストから返送します。


スマホdeドックを試した結果・感想

実際にスマホdeドックを試してみましたが、一番に感じたのは「簡単」ということです。申し込んでから検査キットもすぐに配送されてきましたし、丁寧な取扱説明書があるのでスムーズに進められました。また、気になっていた「針を刺す」問題ですが、一瞬の痛みはありますが後に残る痛みは一切ありませんでした。病院に行かず、自宅で健康診断ができるのはとても便利だと感じました。検査結果はスマホから確認できるので、執筆者も結果を待ちたいと思います!

気になった方はまずはホームページをチェックしてみてください!

スマホdeドック詳細はこちら→ KDDIのおウチで出来る血液検査 スマホ de ドック

リクエスト募集中!

AppBankでは、読者の皆さんからの記事ネタを募集しています。

AppBankのライターに書いて欲しい記事ネタがある人は、お名前(ペンネーム可)と書いて欲しい記事ネタを記入の上、【送信】ボタンを押して、記事リクエストを送ってください!

投稿はこちらから


リクエストページを別ウィンドウで開く