KDDIは2017年2月20日、モノのインターネットである「IoT」を活用し、トイレの空き状況がわかり、節水管理もできるサービスを同年3月から法人向けに提供すると発表した。

個室の混雑緩和や水道料金の削減効果が期待できるという。オフィスビルのほか商業施設などへの提供を想定している。

個室にセンサーを設置、「使用中」を連絡

KDDIの発表資料によると、このサービスは「KDDI IoTクラウド〜トイレ空室管理〜」と「KDDI IoTクラウド〜トイレ節水管理〜」。「空室管理」は、個室の扉にセンサーを設置し、開閉の状況から使用中かどうかを確認、無線を通じてスマートフォンから空き状況をリアルタイムに閲覧できる。利用者はトイレの空室を探す時間や空室待ちの時間を減らすことが可能になる。

「節水管理」は、トイレの個室内に設置された人感センサーによって利用者の滞在時間を知り、適切な水量の流し分けが可能になる。節水によるコスト削減や利用頻度に応じた清掃ルートの効率化を図ることができる。