小木博明(おぎやはぎ)

写真拡大

22日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、おぎやはぎ・小木博明が、コメントを拒否する一幕があった。

番組では、清水富美加(千眼美子)と過去の不倫関係を認めたKANA-BOON・飯田祐馬を取り上げた。21日、飯田は所属事務所を通じて謝罪文を発表し、既婚の身で清水と交際した過程を明らかにしていた。

この話題の最後、司会の坂上忍が小木に「何か一言ございますか?」とコメントを求めた。すると、小木は「美子ちゃんね! オレ言いたいよ、美子ちゃんに! もうさー出家したんだから、こっちの世界のことは放っといてよ〜! 安らかに仏の道、行ってよ〜!」と懇願するようにまとめていた。

そして番組終盤、「なぜ金正男氏は殺害されたのか?」と題した話題では、金氏の家系図を見ながら事件に迫った。正男氏の義理の弟にあたる正恩氏は、2012年の朝鮮労働党代表者会で第1書紀に就いている。

番組によると、その後は独裁者と言われる正恩氏の疑心暗鬼に歯止めが効かなかったとか。正男氏にとって唯一の味方だった張成沢氏ら力があるものは次々と処刑されていったという。そんな中で起きたのが、今回の正男氏殺害事件だったそうだ。

ここでも坂上が、最後に「小木くん、金正恩さんに何か一言」とコメントを求める。すると、さすがの小木も苦笑いで突っ伏してから、「(千眼)美子ちゃんレベルじゃないから!」と坂上に迫ってコメントを拒否。スタジオに笑いが起きる中、小木は「怖い怖い!」と漏らしていた。

【関連記事】
矢作兼 KANA-BOON・飯田祐馬の容姿に「すげー悪口言ってた」
KANA-BOON・飯田祐馬の不倫報道への対応に驚きの声「新しいパターン」「完全自供」
デヴィ夫人が北朝鮮を擁護「日本のジャーナリズムはおかしい」