ソン・ヒョナ、MARSエンターテインメントと専属契約を締結…売春容疑が晴れ本格的に女優活動スタート

写真拡大

女優ソン・ヒョナが映画やドラマなどの作品活動に先立ち、MARSエンターテインメントと専属契約を締結した。

ソン・ヒョナは2016年6月に売春疑惑に対する無罪判決を通じて、それまで大変だった時間を清算して本格的な活動に乗り出し、2017年にスクリーンとドラマの活動に先立ちMARSエンターテインメントに新しく所属することになった。

所属事務所側は、「無罪の判決が確定して出演に何の制裁もなく、本人が今後の活動に対して強い意志を見せているので、多くのことをサポートしたい」と伝えた。

最近ソン・ヒョナはキム・ギドク監督の映画「The NET 網に囚われた男」に特別出演し、演劇「愛にかする」を通じてデビューして初めての演劇に挑戦した。

一方MARSエンターテインメントは、歌手兼俳優ジョンフン、ウヒョン、ソン・ヨンジェなどが所属している役者専門のエンターテインメント企業だ。

ソン・ヒョナ、本日(19日)売春容疑で初公判

女優ソン・ヒョナ、2年6ヶ月ぶりに売春の疑いを晴らす“無罪宣告”