スエ、作家カン・ヨンギルの新作シリーズに参加「本当に夢みたい」

写真拡大 (全2枚)

女優スエが作家カン・ヨンギルの新作シリーズに参加した。スエが参加した作品はニューヨークのあるギャラリーに展示されると知らされ、さらに意味深いものとなった。

22日、スエが所属しているSTAR Jエンターテインメントは「スエがカン・ヨンギル作家の新作シリーズ『Limbo 2017』に参加した」とし「かつて女優ティルダー・スウィントンのMoMAパフォーマンスに続き、韓国の女優としては異例に作品を披露する予定だ」と伝えた。

スエは普段芸術活動に高い関心を示してきた。今回プロジェクトの作品企画およびコンセプトに参加したBrand Architectsのマーヴィン・リー教授(弘益大視覚デザイン課) を通じて提案を受け、参加することになった。

カン・ヨンギル作家はここ10年間、眩しい太陽の下で水の中にある被写体の本質を表現するという作業をしてきた。今回の作業は2月2日から4日までコサムイのあるホテルで行われ、様々な色の5つのプールでパフォーマンスを行った。展示作品10点のうち、スエがパフォーマンスした作品が大半を占めた。

カン・ヨンギル作家は「演技者としての姿を取り払い、水という純粋な空間で女優スエが自分自身の内面に向き合う過程を通じ、僕の10年間のリンボシリーズがやっと完成した感じを経験した」と感想を伝えた。

スエは「普段演技だけでなく、芸術活動に対する夢もあった。だから勇気を出して参加した」とし「今回の展示も私が参加した作品が多く展示されているという。本当に夢みたいだ」と幸福感を示した。

スエは2月28日にニューヨークのテンリ・ギャラリー(Tenri Cultural Institute of New York) で開催される開幕展に出席する。この展示は2月28日から3月18日まで開催される。