【ACL2017】アジア制覇を目指す川崎Fが中韓の強豪と激突〜グループG〜

写真拡大

▽2月21日(火)、今シーズンのアジア王者を決めるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の本戦がスタートする。日本からは、Jリーグ王者の鹿島アントラーズの他、浦和レッズ、川崎フロンターレ、そしてプレーオフを勝ち上がったガンバ大阪の4チームが出場する。

▽日本勢でグループGに入ったのは、2016シーズンの明治安田生命J1リーグで3位になり、天皇杯でも決勝に駒を進めた川崎Fだ。2015年以来7度目のACLに臨む鹿島は悲願の初制覇を目指す。今回は出場各チームのACLにおける成績や注目選手などを紹介したい。■グループG

広州恒大(中国)

水原三星ブルーウィングス(韓国)

川崎フロンターレ(日本)

イースタンSC(香港)★広州恒大(中国/6回目)

【出場資格】

中国スーパーリーグ2016 優勝

中国FAカップ2016 優勝

【前回出場】

2016年

【前回大会】

グループステージ敗退

【最高成績】

優勝(2013、2015)▽中国スーパーリーグを6連覇中と、言わずと知れた中国の強豪クラブ。“爆買い”の走りでもあり、現在は元ブラジル代表指揮官のルイス・フェリペ・スコラーリ監督が指揮を執る。コロンビア代表FWジャクソン・マルティネスやブラジル代表MFパウリーニョらが所属。2大会ぶりのアジア制覇を目指す。

【注目選手】
Getty Images
FWジャクソン・マルティネス(コロンビア)

1986年10月3日(30歳)▽ポルトやアトレティコ・マドリーでゴールを量産していたJ・マルティネスだが、加入後は当時の輝きを魅せられず。昨シーズンのACLでは4試合無得点、中国スーパーリーグでも10試合4得点に終わった。今年はアジアの舞台でゴールを奪えるのか。

★水原三星ブルーウィングス(韓国/8回目)

【出場資格】

韓国FAカップ2016 優勝

【前回出場】

2016年

【前回大会】

グループステージ敗退

【最高成績】

ベスト4(2011)▽昨シーズンの韓国FAカップ王者。Kリーグでは近年結果を残せていないものの、昨シーズンは6年ぶりのタイトルを獲得。2013年から指揮を執るソ・ジョンウォン監督の下、チームの成績は好転。昨シーズンはリーグ戦で7位と振るわなかったものの、カップ戦を制した。昨シーズンまでサガン鳥栖でプレーしたMFキム・ミヌやDFチェ・ソングが所属。その他にもJリーグ経験者が多く在籍する。

【注目選手】
Getty Images
MFキム・ミヌ(韓国)

1990年2月25日(26歳)▽昨シーズンまで7シーズンにわたってサガン鳥栖でプレー。Jリーグでも屈指のサイドアタッカーとして活躍。キャプテンも務めていた。母国で初のキャリアとなり、自身初のACLの舞台。水原三星にとっても大きな戦力になることは間違いない。

★川崎フロンターレ(日本/5回目)

【出場資格】

明治安田生命J1リーグ2016 3位

【前回出場】

2014年

【前回大会】

不参加

【最高成績】

ベスト8(2007、2009)▽昨シーズン、タイトルにあと一歩のところまで迫った川崎F。今シーズンはエースFW大久保嘉人が退団も、MF家長昭博やMF阿部浩之らを獲得。鬼木達監督を新指揮官に迎え、国内タイトルだけでなく、国際タイトルも目指す。

【注目選手】
Getty Images
MF中村憲剛(日本)

1980年10月31日(36歳)▽昨シーズンのJリーグMVPを受賞した中村憲剛をピックアップ。正確なパスでのゲームメイクに加え、昨シーズンは得点数もアップ。新体制のチームにおいても、中心選手になることは間違いない。悲願のタイトル獲得には中村の存在は欠かせないだろう。

★イースタンSC(香港/初出場)

【出場資格】

香港プレミアリーグ2015-16 優勝

【前回出場】

なし

【前回大会】

不参加

【最高成績】

なし▽香港プレミアリーグに所属するイースタンSCは、昨シーズン11年ぶりにリーグ戦を制覇。28歳の女性指揮官であるチャン・ユェンティン監督がチームを率いる。就任1年目でのリーグ制覇を考えれば、アジアの舞台でどのような戦いを見せるのか注目だ。

【注目選手】
Getty Images
DFジョシュア・ミッチェル(オーストラリア)

1984年6月8日(32歳)▽昨年7月にチームに加入したオーストラリア人DFジョシュア・ミッチェルに注目。ルーマニアの古豪であるウニヴェルシタテア・クラヨーヴァでのプレー経験もあるミッチェルは、Aリーグのパース・グローリーやニューカッスル・ジェッツでもプレー。守備の要としてイースタンSCを支える。