【詳細】大橋卓弥が美声を披露する本編映像はこちら

3月17日より日本公開されるアニメーション映画「SING/シング」。現在全世界で続々と公開され、世界各国で初登場1位を獲得するなど大ヒットしている本作だが、その中でも特別に全編吹替え版の制作が許されたのはここ日本のみ!

そしてこのたび、その吹替え版で、歌手の夢を捨てきれないギャング一家の息子ジョニー(ゴリラ)を演じるスキマスイッチの大橋卓弥が、サム・スミス「ステイ・ウィズ・ミー」をいしわたり淳治がつけた日本語歌詞で歌い上げる本編映像が公開された。

美しい歌声と歌への熱い情熱を持ちながらも、ギャング団のボスである父親にオーディションのことを言い出せず、ひそかに会場へと向かう青年ジョニー。うつむき加減に歌うジョニーだが、オーディション主催者のバスターも思わず「わお!」と声を上げるほどの歌声を披露するシーン。大橋の歌手としての貫禄も見せつけられるワンシーンとなっている。

それぞれに問題や悩みを抱えながらも、自分の人生を変えるためにステージに立つことを夢見る動物たちの姿を描く本作。「映画の登場キャラクターたちのように、今またオーディションを受けるとすれば何を歌うか?」という質問に大橋は「Mr.Childrenさんの<星になれたら>です」と回答。その理由について「学生のときによく聴いていて、実際にその後、桜井さんと共演させていただいたときに歌わせていただいたこともある、思い出の一曲です」と話した。

さらに、大橋にとって“人生が変わったステージ”を尋ねると「赤坂BLITZですね。自分にとって目標とする場所のひとつだったのですが、デビューする前に、上位入賞者がそこでライブができるというオーディションに受かって、歌わせていただいたんですけど、それをたまたま現在の事務所のスタッフが観ていて、声をかけてもらったんです。だから、あのときのステージがなかったら今の僕はいないですね」と明かし、また「スキマスイッチとして最初にやったライブが赤坂BLITZだったのでさらに感慨深いです」と思い出を語っている。

劇中では、エルトン・ジョンの「アイム・スティル・スタンディング」やゾンビーズの「ザ・ウェイ・アイ・フィール・インサイド」といった名曲を歌唱するだけでなく、演技にも初挑戦している大橋。スキマスイッチでみせる姿とはひと味違う、大橋の活躍に期待が高まる。

第74回ゴールデングローブ賞2部門にノミネートされた「SING/シング」は、マシュー・マコノヒー、 リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン、トリー・ケリーといった豪華スターが夢の共演を果たし、歌声を披露することで世界中から注目を集めている話題作。

動物だけが暮らす世界で劇場支配人をしているコアラのバスターが、劇場再建のため世界最高の歌を求めてオーディションを開催する物語が描かれ、フランク・シナトラ、ビヨンセ、テイラー・スウィフト、レディー・ガガ、スティーヴィー・ワンダーなど、グラミー賞受賞総数100を超える、そうそうたるアーティストたちのヒットソングや名曲が60曲以上が使用されている。

また、吹替え版には、内村光良(コアラのバスター・ムーン役)、長澤まさみ(ヤマアラシのアッシュ役)、トレンディエンジェル斎藤司(ブタのグンター役)、MISIA(ゾウのミーナ役)、大地真央(ヒツジのナナ・ヌードルマン役)そして大橋ら豪華キャストが集結。注目を集めている。



映画情報



「SING/シング」

2017年3月17日(金)全国ロードショー

監督・脚本:ガース・ジェニングス

製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー

出演:マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリー他

【吹替え版】

演出:三間雅文

日本語吹替え版音楽プロデューサー:蔦谷好位置

日本語歌詞監修:いしわたり淳治

出演(吹替え版):内村光良、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、谷山紀章、水樹奈々、大地真央、MISIA

配給:東宝東和

(C)Universal Studios.

スキマスイッチ OFFICIAL WEBSITE

http://www.office-augusta.com/sukimaswitch/

映画「SING / シング」公式サイト

http://sing-movie.jp/