映画監督の鈴木清順が亡くなっていたことがわかった。

日活の発表によると、鈴木は2月13日19:32に慢性閉塞性肺疾患のため逝去。93歳だった。葬儀・告別式は故人の遺志により、近親者にて執り行なわれた。

鈴木は1923年東京・日本橋生まれ。1948年に松竹大船撮影所に入社し、1954年に日活撮影所に移籍。1956年に『港の乾杯 勝利をわが手に』を本名の鈴木清太郎名義で監督し、デビューを果たした。1958年の作品『暗黒街の美女』から鈴木清順に改名。『東京流れ者』『殺しの烙印』など数多くの作品を発表した。

1968年に日活が専属契約を解除し、のちに裁判闘争へと発展したが、1971年に和解。1980年に『ツィゴイネルワイゼン』、2001年には『殺しの烙印』を自らリメイクした『ピストルオペラ』を監督。遺作はチャン・ツィイー主演の2005年公開作『オペレッタ狸御殿』となった。また俳優としても活動し、つげ義春原作の『無能の人』、山田孝之主演の『ミロクローゼ』などに出演した。

1981年には『芸術選奨文部大臣賞』を受賞したほか、『ツィゴイネルワイゼン』で『ベルリン国際映画祭』審査員特別賞に輝いた。2001年には『ピストルオペラ』で『ヴェネチア国際映画祭』の「偉大なる巨匠に捧げるオマージュの盾」を受賞した。1990年に紫綬褒章、1996年に勲四等旭日小綬章を受章。