マレーシア警察のカリド・アル・バカール長官は22日午前、記者会見を開き、金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件について、新たに2人の容疑者の氏名を明らかにした。

新たに発表されたのは、北朝鮮大使館の2等書記官、ヒョン・グァンソン(44歳)容疑者と、北朝鮮の国営航空会社、高麗航空社員のキム・ウギル(37歳)容疑者の2人。以前の記者会見では「(関与が)確認ができていない」との理由で、詳細が発表されなかった人物だ。

金正男氏殺害事件に関与したと思われる複数の北朝鮮国籍の容疑者は、まだマレーシアに留まっており、警察は出頭命令を出している。

警察は北朝鮮大使館に対し、北朝鮮に逃亡した4人の容疑者についての捜査協力と、遺体の身元確認に必要な書類の提出を要請しているが、「大使館側は非協力的だ」と不満を示した。北朝鮮が容疑者の捜査協力を拒否する場合、逮捕状を請求する方針だという。

長官はまた、金正男氏殺害の様子が撮影された監視カメラの動画については本物であると認めた。

警察は、既に逮捕されているベトナム人のドアン・ティ・フォン容疑者、インドネシア人のシティ・アイシャ容疑者、北朝鮮人のリ・ジョンチョル容疑者の勾留延長を申請した。一方で、アイシャ容疑者の恋人で、マレーシア国籍の男性は保釈された。

発表によれば、フォン容疑者とアイシャ容疑者は、クアラルンプール市内のショッピングモールで殺害の練習をしていた。そして事件当日、2人は、毒の付いた素手で金正男氏の顔をなでた。その後、トイレに直行し、手を洗った。

長官は「彼女らはそれが毒だと知っていた」「犯行は計画的なもので、彼女らはそのための訓練を受けていたと強く信じている。知らなかったことはありえない」と述べた。

一方、金正男氏の息子、キム・ハンソル氏が遺体の身元確認と引き取りのためにマレーシアに来たとする報道について、長官は「すべて噂だ。遺体確認やDNAサンプルの提出に来た遺族はいない」と述べた。また、北朝鮮大使館に対しては、金正男氏の遺族と連絡を取るために協力してほしいと要請した。

長官は、もし金正男氏の遺族がマレーシアに来るのならば、もちろん警察が警護するとも述べた。

さらに長官は、昨晩、金正男氏の遺体が安置されたクアラルンプール病院の霊安室に何者かが侵入を試みたことを明らかにした。しかし、容疑者については「誰だか知っている」と述べるに留めた。