資料写真

写真拡大 (全2枚)

(台北 22日 中央社)台湾半導体産業協会(TSIA)と工業技術研究院産業経済・トレンド研究センターの統計で、ICの設計、製造、パッケージング、テスティングなどの半導体産業生産高は2016年に年間2兆4493億元(約9兆200億円)に達し、前年比8.2%の成長となったことが分かった。

第4四半期の生産高は6442億台湾元(約2兆3700万円)。同年第3四半期と比較すると2.3%減少したが、前年同期と比べ14.4%増加した。

(鍾栄峰/編集:齊藤啓介)