札幌で行われている冬季アジア大会のスピードスケート女子1500メートルで、5位の中国選手が銅メダルを獲得し、3、4位の日本選手がもらえないという一幕があった。

写真拡大

札幌で行われている冬季アジア大会のスピードスケート女子1500メートルで、5位の中国選手が銅メダルを獲得し、3、4位の日本選手がもらえないという一幕があった。騰訊体育など、中国のメディアが伝えている。

21日に行われたレースでは、日本の高木美帆が1分56秒07の大会新記録で優勝。2位には押切美沙紀が入り、3位は高木菜那、4位は佐藤綾乃で、日本勢が1〜4位を独占する結果となった。ところが、表彰式では5位に入った中国の張虹(ジャン・ホン)が銅メダルを受け取った。これは、今大会でアジアオリンピック評議会が定めた「1カ国・地域につきメダルを獲得できるのは2選手まで」という規定が採用されているため。アジアのスポーツ発展のため、より多くの国と地域がメダルを獲得できるようにするという趣旨だという。なお、公式記録上の順位は変更されない。

これについて、中国のメディアは「『神ルール』で銅メダルを獲得できた」「恐るべき日本の実力」などと報じ、中国のネットユーザーからは「日本が1〜4位独占って。何も言えねえ」「おかしなルールだな」「張虹はマジで運がいい。五輪では他の選手が転倒して金メダル獲得。今回は不思議なルールで銅メダル獲得」といった声が寄せられた。また、一部メディアが「銅メダルをもぎ取った」と伝えていることに、(運が良かっただけなのに)「よくそんな伝え方できるな」と批判的なコメントも寄せられている。

張本人もその点は認識しているようで、「やっぱり実力で勝つべきだと思う。この銅メダルはルールで取ったもの」と話し、表彰式後にチームスタッフに「メダルをお返しした方がいいんじゃないか」と尋ねたそうだ。

一方で騰訊体育は、そんな張が日本メディアから「いじわるな質問を受けた」とも伝えている。記事によると、日本の記者からはルールに関する質問が相次ぎ、張は「日本の選手が素晴らしい成績を残したことを祝福したいし、私たちもこれから努力して実力で表彰台に上れるよう努力したい」「次世代の選手を激励するため(のルール)だと思う。今回の銅メダルも私の今後の練習の励みになる」などと丁寧に回答。最後に再び「これは良いルールだと思うか」という質問を受けると、「どうお答えすればいいかわかりません」と答えたという。(翻訳・編集/北田)