“韓国ドラマのOSTに多数参加”ピアニスト倉本裕基、韓国でホワイトデーコンサートを開催

写真拡大 (全2枚)

ピアニスト兼作曲家の倉本裕基がホワイトデーコンサートを開催する。

22日、倉本裕基側は「3月14日に開かれるコンサート『春の日の夢』ではピアノソロとカルテットとのアンサンブルを見せる。優麗でありながらも素朴なメロディーがそのまま伝わる貴重なな時間になるはずだ」と明かした。

倉本裕基は代表曲「ロマンス」で韓国に広く知られた。楽曲がドラマ「冬のソナタ」「愛の挨拶」「初恋」「秋の童話」にOSTとして挿入され、大衆的な関心を集めた。

切ない気持ち(Romance)、慎重に温かく見守る愛(Warm Affection)、切に懐かしむ心(Lovingly)など、愛に関する繊細で温かい視線を発表曲に盛り込んでいる。

倉本裕基のホワイトデーコンサート「春の日の夢」は3月14日午後8時、芸術の殿堂コンサートホールで開かれる。