月面レースに挑む3人の経営者が、その先に見る宇宙ビジネスとは

写真拡大

日本チームのローバーが月面を疾走する! チーム「HAKUTO」を支援するのは、auのKDDIなど7企業に、人気ロックバンド、サカナクションという異色の組み合わせだ。[前編はこちら

進化について、サカナクションの山口一郎はひとつの答えに辿り着いていた。惹かれる音楽を探し、なぜ惹かれるのかを突き詰めてきた。すると、人々が「いいね」「素晴らしいね」と反応する音楽は、その時代への違和感が表現されていると思えたのだ。それを山口は、「良い違和感」と言う。

「良い違和感を提案していけば、すぐに理解されなくても、たくさんの人に聴いてもらえれば、きっと理解してもらえる」。それがサカナクションの原点であり、良い違和感こそが、表現を進化させる”段差”だろう。同世代の山口と袴田。この2人が違和感を進化させてきたプロセスを見ていこう。

「小学3〜4年の頃、映画『スター・ウォーズ』を見て、あんな宇宙船をつくりたいと夢見るようになりました」

ispaceの袴田武史は少年時代の夢についてそう言う。その後、名古屋大学工学部機械・航空工学科に進学した袴田にとって、大学は宇宙への足がかりとなるはずだった。しかし、袴田が気づいたのは、研究の多様性を阻害しかねない、「まじりあわない専門性」である。

「宇宙に関する研究分野はかなり細かく細分化されています。構造、制御、流体力学、化学……。宇宙産業では、それら細かい専門領域で経験を積んだ人々が、最終的な設計判断をくだしています。専門領域内での最適化を主張するあまり、全体としては最適とはならず、システムとして上手く機能しなくなるのです」

よく言えば、職人芸の狭い世界であり、悪く言えば、イノベーションのような大胆さは求められない。

「日本の宇宙業界はものすごく狭い世界なんです。関係者の方々は皆、優秀な方たちで、能力的には国内外トップクラスです。そのため、周囲は宇宙研究を”特殊な雰囲気”と認めてしまっていて、それが宇宙と世の中を乖離させる要因になっています。それは、僕が考えていた宇宙観とは少しずれていたのです」

ここで袴田が辿り着いたキーワードが、「多領域最適化設計」だった。「多くの領域を結びつけ、同時に解析し、最適な解を探す」ことを目標とする学問分野である。複雑な要素を組み合わせてひとつのシステムをつくる、航空機や宇宙船に必要とされる考え方だ。

宇宙工学と経済学を学んでいた袴田は、パソコンのキーボードを叩き、インターネットで多領域最適化設計を研究している大学院を探し始めた。

「経済的な領域を、多領域のひとつとして扱った設計をしたい」

ビジネス的なニーズを満たす宇宙船を。そんな決意をもった袴田が進学を決めたのは、ジョージア工科大学大学院だった。アメリカ留学は彼をさらに刺激した。大学で講演を行った「スペースシップワン」のピーター・シーボルトの話を聞き、彼は「民間宇宙ビジネスの時代」を強く意識した。

「スペースシップワンの開発期間は3年です。もし国が主導していたら5〜10年はかかったでしょう。過去の宇宙事業はほとんどが国家プロジェクトです。資金は、国費や税金で賄われているため、安全かつリスクがないこと、つまり失敗しないことが大前提です。革新的な技術でも、検証されなければ使えない。許容できるリスクの幅が、民間企業と比べてどうしても狭くなってしまいます」 

宇宙開発はこれまで公共事業だった。しかし、進歩のためには民間の力を使った方がいい。だから、袴田はこう決意した。「経営・技術・資本を繋げられる人材になろう」と。

これがHAKUTOプロジェクトとispace社の設立に繋がっていく。

「宇宙プロジェクトのこんな話があるんだけど」

サカナクションの5人のメンバーに、マネジメント側から紙の資料が手渡されたのは15年のこと。山口は技術説明書かと思って資料に目を落とすと、「まるでジャケットデザインみたいだ」と感心した。宇宙を国家事業のイメージから解放し、ごく身近に手繰り寄せるデザイン資料。領域を飛び越え、融合することを続けてきた山口にとって、心を鷲掴みにするものだった。HAKUTOのテーマソングをつくれないかという曖昧なリクエストだったが、山口はこう即答した。

「プロジェクトと一緒に音で関わりをもっていけるんじゃない? やりますよ」

07年にアルバム『GO TO THE FUTURE』でデビューした北海道出身の5人組サカナクションは、ロックにダンスミュージックやエレクトロを融合させるだけでなく、文学性の高い歌詞や人気面も含めて、まさに現在の音楽シーンを代表するバンドといっていい。

また、バンドという従来の概念を壊している点も注目されている。

16年、山口はパリコレクションで、ファッションブランド「アンリアレイジ(ANREALAGE)」のサウンドディレクションを担当した。

「その時のテーマはサイレント。ない音をつくる、というものでした。考えたのは、服に音をつけたら。ARの技術を使い、服にARをかざすと柄が消えたり、現実とは違うデザインの服になる試みがあり、服に音をつけたらサイレントに繋がるのではと思ったのです。服が服だけの価値でなくなる。ここに未来を感じました。そして、音楽によって服など他のものの価値を高める、いいモデルケースになると思ったのです」

山口のこうした発想は、違和感から生まれている。プロモーションビデオやテレビ出演にファンが共感し、SNSで「今回のビデオは最高です」とか「ファッションセンスがかっこいい」という賞賛の言葉が並ぶ。しかし、ビデオをつくっているのは監督だし、衣装はスタイリストが担当しているのに、すべてサカナクションというバンドの評価となっている。違和感を抱いた山口は気づいた。

「音楽って、実は音楽以外のもので形成されている部分が多いんじゃないか」と。彼は言う。

「そういった部分も含めて音楽があるとするならば、現在の音楽サイクル以外のところでも表現ができるのではないかと思ったのです」

前述した服、家電、自動車、店舗や街も音を表現できるかもしれない。そして、宇宙にも繋がる。袴田は、「例えば宇宙船の異常を検知するためにも、音を通じた情報は重要」と言っている。人間が視覚だけでものごとを捉えきるには限界があるため、聴覚に訴える音が必要だ。また、「宇宙空間には音がないので、将来的に人間が長く住むことになれば、その暮らしを支えるための心地よい音をつくり出すことも必要になってくる」と言う。

山口が担うのは宇宙のサウンドエフェクトである。山口は、「宇宙空間で音をつくるというのは、これまでに存在しなかった音をつくるわけですから、未来の音をつくることです。とてもワクワクする話ですよね」と言い、こう心に決めている。

「僕はHAKUTOのプロジェクトが終了しても、ispaceの進んでいく道筋で音楽としてのバックアップをしていきたいと思っています。音という目に見えない影響を与えること。それが新しい音楽の使われ方だと思っています」

袴田はKDDIの田中孝司社長にパートナーを依頼するとき、こう説明した。

「リンドバーグが飛行機で大西洋横断を成し遂げたのも賞金レースです」

今、田中が思うのも、レースの先に見える未来の産業だ。田中はこう言う。

「飛行機は戦前からあったけど、誰もが乗るようになったのは70年代の終わりくらいでしょ? 宇宙だって、そうだと思います。需要期が来れば身近になり、そしてシステム産業だからその周辺にどっといろんなものが生まれると思います。アポロの宇宙飛行が断熱材や防水性の高い衣類を生んだように、想像しえないものが生まれる。それが楽しみなんです」

暗い宇宙空間で静かに地球を公転する月を目指し、人類はどれだけの進化と熱狂を生むことができるだろうか。


2016年8月に発表したHAKUTOフライトモデル。月への打ち上げには1kg当たり約1億2,000万円かかる。
HAKUTOは7kgから4kgへの軽量化に成功。記者発表前、軽量化の説明をわかりやすく話すようKDDIの田中は袴田に助言した。

-HAKUTOとは?
月面探査の国際賞金レース「Google Lunar XPRIZE」に日本から唯一参加するのがHAKUTOである。東北大学の吉田和哉教授の研究成果を技術ベースに、袴田が代表を務める「HAKUTO」が月面を走破する超小型ローバー(探査車)を開発している。HAKUTOがユニークなのは、さまざまなバックグラウンドをもった若者たちが集まっている点である。

袴田が起業したispaceはエンジニアだけでなく、デザイナー、Webプログラマー、弁護士などが揃い、「プロボノ」と呼ばれるボランティアメンバーたちが支える。ローバーは低コストと小型化のため、日常的に民間で使われている量産機器の民生部品を使って開発している。また、世界から参加する16チームの多くが、月面までは「相乗り方式」。HAKUTOはアメリカのチーム「アストロボティック」のロケットに同乗する。

田中孝司◎1957年、大阪府出身。81年、京都大学大学院工学研究科電子工学第2専攻修了、国際電信電話(KDD)に入社。85年、スタンフォード大学大学院電子工学専攻修了。2003年KDDIの執行役員(ソリューション事業本部ソリューション商品開発本部長)に就任。10年12月にKDDIの社長に。「au経済圏」を打ち出し、通信分野だけにとどまらず、生損保、住宅ローンなど金融、日用品、食品などを取り扱い、「非通信分野」のサービスを拡大している。

山口一郎◎1980年、北海道小樽市生まれ。実家が喫茶店を営んでいたことから、邦楽洋楽を問わずに音楽が流れる環境で育った。2005年にサカナクションを結成。バンド名は、「魚」と「アクション」を掛け合わせた造語である。07年のデビュー以来、シングル全12曲がトップテン入り。また、映画、CM、ドラマで楽曲が使用されることも多い。山口の新会社「NF」の文字は、サカナクション同名アルバムであり、NightFishingの頭文字でもある。

袴田武史◎1979年生まれ。名古屋大学を経て、米ジョージア工科大学大学院で修士号(Aerospace Engineering)を取得。宇宙産業に特化したコンサルタントになることを目標に、欧州に本社のあるコンサルに入社。2009年に友人の結婚式で隣り合わせた人物が、月面レースの欧州チーム関係者だったことから、協力を要請された。それを機に、東北大学の吉田和哉教授と知遇を得る。10年に宇宙ベンチャーを起業し、HAKUTOは結成された。